食料・生活産業

食料・生活産業本部は、食料・ライフスタイルの2SBUにおいて、穀物・食品・保険・繊維・住環境・メディカルの分野で多種多様な事業を展開しています。ビジネスのその先に多くの社会的課題への糸口がつながっていることを踏まえ、人々の健康で豊かな生活に貢献する新たな価値、ビジネスモデルを創り続けます。

穀物分野では、長年、国内で穀物サイロ事業を展開してきた歴史とノウハウを強みとしています。今後もそのノウハウと保有するアセット・機能・グローバルネットワークを連携させ、新興需要国でのさらなる事業拡大を目指します。

食品分野では、国内外の製造加工拠点や食品サービス事業会社で当社独自の安全管理を行い、質の高い商品を提供しています。既存事業の機能拡張とともに高齢化、健康志向など社会的ニーズに合った商品・サービスの提供を目指します。また農水事業においては、アグリテックなどを活用し開発・技術力を強化します。

保険分野では、国内トップクラスの保険代理店業、海外では保険ブローカー事業を強みとしています。既存事業を強化するとともに多様化するリスクに対応した独自の保険・サービスの開発など、新しい保険サービス提供へと活動領域を広げていきます。

繊維分野では、素材開発から生産・販売まで総合サプライヤーとしての機能を強みとし、サステナブルな独自素材をベースとしたモノづくりに特化することで国内外での事業拡大を目指します。

住環境分野では、企業の海外進出をサポートするホテルレジデンスなどを展開しており、差別化されたサービスを基軸に、今後も国内外で消費者の生活、企業の活動をサポートするインフラを提供し、安心、快適、健康に暮らせるまちづくりを目指します。

メディカル分野では、国内でのリハビリ事業、介護用品事業など社会的な課題解決に向けた事業をより強化するとともに、新興国における日本の医療技術・サービスの提供を目的とした病院事業の展開と周辺事業の構築により現地の医療発展へのさらなる貢献を目指します。

穀物サイロ事業
穀物サイロ事業
インド病院事業
インド病院事業
インドネシア・ホテルレジデンス事業
インドネシア・ホテルレジデンス事業
主な商品・サービス

飼料原料、穀物、加工食品、食品原料、農水畜産物、酒類、損害・生命保険、証券仲介、繊維製品、衣料、介護・医療関連用品、建築・住宅資材、オフィス家具、総合病院事業、ホテルレジデンス事業 他

主な関連会社

価値創造事業

幅広い事業領域において人々の健康で豊かな暮らしを支える商品・サービスを提供

幅広い事業領域において人々の健康で豊かな暮らしを支える商品・サービスを提供

人々の暮らしを支える商品・サービスを幅広く提供しています。Life & Community 分野を担う主力本部として、最終消費者を常に念頭に置きながらビジネスを進めています。高齢化や健康志向・社会貢献活動の高まりなどの社会変化を捉え、社会的ニーズが高い事業へ挑戦することで急激に変化する市場に迅速に対応していきます。

2021年3月期第3四半期の取り組み

医療の安全性向上・品質向上・効率化への貢献を目的に、株式会社アルムとの業務提携契約を、2020年12月に締結しました。同社の医療関係者間向けクラウドプラットフォームを活用して、豊田通商がインドで運営するSAKRA WORLD HOSPITALとCFAO SASの子会社がアフリカで運営するクリニックEuracareを繋ぎ、両施設間での医療連携及び遠隔診療サポートを開始します。

食料・生活産業のプロジェクト紹介