自動車

自動車本部は、トヨタグループ各社を中心に日本国内で生産された自動車、トラック・バス、産業車輌、二輪車、補給部品などを世界各国へ輸出している他、海外生産車の第三国への輸出にも携わっています。そのネットワークは、本部の柱となる総輸入販売代理店事業経営、販売店事業経営などを含め、世界146カ国(事業経営展開は46カ国)に及びます。

新・新興国を中心とした総輸入販売代理店事業の展開国では、バリューチェーンを構築・拡大し、小・中規模生産、架装、中古車、販売金融などの販売周辺事業を推進。また、これら複数事業・機能のコンビネーションにより独自の強みを発揮しています。

こうした多くの国での多角的な自動車関連事業の取り組みを通じて、世界各地の政治経済情報や市場動向、ユーザー志向などのマーケット情報をタイムリーに入手し、マーケティング戦略の立案やメーカーの商品開発・生産計画へフィードバックするなどの機能も発揮しています。

世界各国に展開する自動車販売網
世界各国に展開する
自動車販売網
充実したスタッフ教育を通じた良質なアフターサービス
充実したスタッフ教育を通じた良質なアフターサービス
主な商品・サービス

乗用車、商用車、二輪車、トラック、バス、産業車輛、車両部品、販売周辺事業(小・中規模生産、架装、中古車、販売金融等) 他

主な関連会社

価値創造事業

世界に広がる事業展開と地域戦略

総輸入販売代理店、販売店など事業経営を展開している国数は、今後本格的なモータリゼーションを迎える新・新興国を中心に46カ国に上り、それぞれの事業展開国を地域ごとに捉え、地域全体の最適化を考えた事業展開を行っています。中国、アジア、オセアニア、中南米・カリブなどそれぞれに地域統括拠点を設置し、販売・マーケティング戦略をはじめとした商品・ブランド戦略、バリューチェーン構築・拡大を目指した必要機能強化、事業開拓戦略を包含した地域全体戦略に基づき、今後も積極的に新市場開拓・販売拠点網拡充を進めていきます。

世界に広がる事業展開と地域戦略

モビリティバリューチェーンの構築・拡大

販売バリューチェーン

ライフスタイルの多様化・新しいモビリティニーズへの対応

販売バリューチェーン

特徴1

これから本格的なモータリゼーションを迎える新興国を中心に46カ国で総輸入販売代理店や販売店などの事業経営を展開し、オペレーションの充実化に取り組んでいます。今後も、ビジネスチャンスの期待できる市場開拓を積極的に進めていきます。

特徴2

販売店事業の3Sオペレーション(小売・部品・サービス)をはじめ、川上から川下までの幅広いバリューチェーンの中で、我々の付加価値を高め、ビジネス機会の開拓に取り組んでいます。また、新たなモビリティサービス領域での知見を獲得し、ヒトやモノの移動に関するさまざまな課題解決に取り組んでいきます。

2021年3月期第3四半期の取り組み

アジアでの自動車アフターマーケット事業の拡大を目的に、Toyota Tsusho Asia Pacific Pte. Ltd.が2019年12月にBinter & Co. Pte. Ltd.と共同で設立したToyotsu Binter Automotive Parts Pte. Ltd.は、2020年10月、タイヤメーカーより新規に3ヵ国の正式代理店認定を受ける等、取引地域及び取扱部品の拡大による事業展開を推進しています。

自動車事業のプロジェクト紹介