多様性の促進

方針

当社は、絶えず事業環境が変化し顧客ニーズが多様化する中、性別や年齢、国籍などさまざまな違いを尊重して受け入れ、「違い」を積極的に生かすことが、豊田通商グループ全体の優位性を高めることにつながると確信し、経営戦略としてダイバーシティ&インクルージョンを推進しています。これまでの業務内容の違いによる職種区分を見直し、社員全員が多様なキャリアパスを選択できる人事制度を導入しています。また、2020年には厚生労働省から子育てサポート企業として「プラチナくるみん」の認定を受けています。有給休暇や男性育児休業の取得推進などワークとライフの充実、フレックスや在宅勤務などの制度の整備、働く習慣を見直す現場施策「いきワク活動」など、柔軟で生産性の高い組織へシフトすべく「働き方改革」にも取り組み、多様な社員がいきいきと働ける環境整備・企業風土の醸成、個人の意識向上を進めています。

これらに加え、各営業本部CEOが毎年のダイバーシティ&インクルージョンの取り組み目標を定め、役員会議や取締役会において進捗や実績を報告し、成果に応じて評価に反映する仕組みも導入しています。

豊田通商グループのDiversity & Inclusion

1.定義

さまざまな違いを尊重して受け入れ、「違い」を積極的に生かすことにより、変化し続けるビジネス環境や多様化する顧客ニーズに最も効果的に対応し、豊田通商グループ全体の優位性をつくり上げることを目的としています。

Diversity(多様性)

国籍、人種、年齢、性別などの属性やその他の要素(性格や価値観など)の異なる人材が存在する状態。

Inclusion(受容)

「違い」に関わらず、全員が組織に平等に参加し、その能力を最大限に発揮できるようにすること。

2.Diversity & Inclusion 4つのテーマ

当社はこれまで、加商(株)、(株)トーメンとの合併や、グループ会社、CFAOをはじめとするさまざまなパートナーとの協業により、事業を拡大してきました。その領域はグローバルかつ多分野にわたり、世界で約6.4万名のグループ社員が働いています。今後さらに多様化・複雑化する事業環境や顧客ニーズに柔軟に対応し、持続的な成長を目指す上で、多様な文化・風土や価値観を尊重し、その違いを生かしてさまざまなアイデアとシナジーを生み出していくことはますます重要になっています。これを受け、当社は現在、4つのテーマを重点に取り組みを進めています。

  1. 1多様な人材の活躍の場と機会の拡大
  2. 2働き方の見直しとワークライフバランス両立支援
  3. 3多様性を生かし価値を創出する会社風土の醸成
  4. 4個人の意識改革
南アフリカにおける黒人経済力強化政策(B-BBEE)の取り組み

豊田通商は南アフリカ共和国で事業を展開しており、同国では、黒人経済力強化政策(B-BBEE)の一環として、外国企業に対し南ア黒人資本企業とのパートナーシップ強化が求められています。

関連リンク
  • B-BBEE:Broad-Based Black Economic Empowermentの略称。黒人の経済的地位向上に向けた企業や諸団体などのB-BBEE促進への取り組みや貢献度についてスコア化し、レベル1~8及び不順守に格付。

多様な人材の活躍の場と機会の拡大

豊田通商では、多様な人材が活躍できる場・機会の拡大に向けて、日本においては女性活躍に重点を置いた取り組みを進めています。そして海外においても、事業を行う地域・国の持続可能な発展への貢献を最大化するというISO26000の考え方に賛同し、現地雇用や現地調達を通じた人材育成や地域社会・経済の活性化を通じ、地域社会との共存共栄に努めています。

1. 女性活躍推進

女性活躍推進法に基づく行動計画

当社は、行動計画を策定し、同計画の達成に向けて継続的に取り組むことで、女性をはじめ全社員一人一人が多様なワークライフバランスを実現しながら、その能力を最大限に発揮し、互いに影響し合いチームとして進化できる職場環境づくりを推進していきます。

女性活躍推進行動計画 10年間の大計画イメージ
行動計画公表リンク(厚労省HP「一般事業主行動計画公表サイト」)

女性管理職比率

女性管理職比率6.3%(2021年4月現在)

【女性リーダーの育成、活躍を促す取り組み】

次世代の女性リーダー候補者の育成を目的に、女性向け選抜プログラムとして、2018年3月期より社外の女性幹部候補育成プログラム、カリフォルニア大学サンディエゴ校への派遣や、2016年3月期より女性社員がメンティ、他本部の部長がメンターとなる社内メンタリング、また2021年3月期より社外の女性管理職経験者がメンターとなる社外メンタリングを実施し、キャリア意識の啓発、視野の拡大、課題対処の支援をおこなっています。

また次世代の女性リーダーに続く人材のさらなる充実を図るため、採用も強化しています。

キャリア支援の取り組み

「配偶者海外転勤帯同による休職制度」

一定の要件の元、配偶者の海外転勤に伴い、退職せずに休職により配偶者に帯同できる制度です。社員のキャリア形成の支援や経験を積んだ人材の定着を目的としています。
2021年8月現在、通算休職実績:11名(内3名渡航待ち)

「キャリアブリッジ制度」

一定の要件の下、結婚や配偶者の転勤に伴う移住居の変更により退職せざるを得ない社員のキャリア継続支援や、当社経験があり、意欲的に自己研鑚しキャリアアップに取り組む優秀な社員の確保を目的とした再雇用制度です。
2021年8月現在、通算復職実績:26名

女性活躍推進に関する社外評価

●プラチナくるみん

当社は2007年より、次世代育成支援対策推進法に基づき策定・届出した行動計画を達成し、継続して「くるみん」認定を受け続け、また2020年3月、より高い水準で両立支援を行っている企業として、厚生労働省より「プラチナくるみん」の認定を受けました。

●えるぼし

当社は2016年7月、女性活躍推進法に基づき、一定の基準を満たし、女性活躍推進に関する状況などが優良な企業として、厚生労働省より「えるぼし(認定段階2)の認定を受けました。

従業員女性比率
集計範囲:豊田通商(株)
各年4月1日時点
女性管理職比率
集計範囲:豊田通商(株)
各年4月1日時点

2. グローバル人材の育成・登用

当社は、ビジョン 実現に向けてのサステナビリティ重要課題の一つとして、“人権を尊重し、人を育て、活かし、「社会に貢献する人づくり」”を掲げ、グローバルで活躍できる人材育成に取り組んでいます。

特に、事業戦略上、極めて重要なポストの後継者候補については、業務アサインメントを通じた短~中期の育成計画をグローバル人事委員会で毎年議論しており、2021年は本社の部長に初の海外現地法人所属社員を抜擢しました。

また、社内外研修を通じ、経営者としての志や知識を学び、成長する機会も提供しています。

3. 地域社会における雇用の創出

①トヨタケニアアカデミー

豊田通商は、2014年にケニアのナイロビ市内に「トヨタケニアアカデミー」を設立しました。当アカデミーは、現地コミュニティに向けたオープン型の社会人教育の場で、自動車・建機・農機などの技術研修だけでなく、リーダーシップ研修なども実施しています。

また奨学金プログラムを通じ、これまでに1000人以上の若年層の進学や育成を支援してきました。

②インドにおける就業機会の創出

女性労働参加率が低いインドの首都デリー郊外にある、エアバッグ製造のToyotsu Ambika Automotive Safety Components India Private Limited(以下、TASI) は、女性が活躍する企業として注目を浴びています。

TASI社では、健康や安全のために工場にエアコンを導入、女性社員専用送迎バス・寮の完備、職場における基本動作や海外への作業訓練派遣を含む教育パッケージを充実させるなど、女性が安心して働ける環境づくりに挑みました。また、女性の就労機会や格差の問題には、社員の家族向けに企業見学会を開くなど信頼関係構築にも努めました。

このような努力の積み重ねにより、生産従事者100%女性という職場も実現させました。またTASI社では、貧困問題が深刻なインド東北部、北部地域に出向き採用活動を実施し、これまで全従業員200名のうち71名を同地区より採用しています。

こうした女性の積極的かつ定期的な雇用への取り組みを通じ、豊田通商はこれからも人権に配慮し、健全な労働環境を整備することで、開発途上国における社会進出を後押ししていきます。

※世界経済フォーラム「女性の経済への参加と機会」国別ランキング→ インド:調査委対象149カ国中142位
世界銀行「女性の労働参加率」(2017年世界標準値:約49%)→ インド:約27% (2005年をピークに減少中)

意識・風土の醸成

これまでの人員構成や過去の成功体験に基づく働き方、指示命令を含むコミュニケーションスタイルなどの組織文化は、時として新たな組織・職場づくりにおいて目に見えないハードルとなることがあります。

これからは環境の急速な変化や、多様性、不確実性に対応するため、異なる経験や背景をもつ人間が夢やビジョンを共有、共鳴することで、組織として結果を出す時代です。従ってD&Iの実現が会社の成長の鍵となります。

豊田通商ではD&Iの意識・風土の醸成のために、2014年度から「いきワク活動」と呼ばれる取り組みを実施しています。この活動は、室・グループという小さな単位で行い、組織の持続的な生産性の向上のためにメンバー自身がテーマを決めて全員で取り組むものですが、下記の4つのルールを守れば何をやってもよい、メンバーの自発性を尊重した活動です。この活動の中から、新しい働き方への取り組みや、新規事業を考えるための勉強会など様々な取り組みが生まれています。

(4つのルール)
  • 「ありたい姿」の共有
  • 全員で意見を出し合う
  • 違う考え方や価値観を受け止める
  • 合意形成 / 共働 / 共創

この活動によって、社員が異なる価値観をうけとめながら、自律的・自発的に物事に取り組む意識・風土を醸成することを目指しています。

2019年からは単体だけでなくグループ会社への展開も始め、グループ全体でのD&Iの実現を目指しています。