社会貢献

社会貢献活動基本方針

豊田通商は『良き企業市民』として『人・社会・地球との共存共栄』を目指し、グローバルな社会貢献活動を通して、『豊かな社会づくり』に貢献します。

活動方針

3つの重点テーマ
3つの重点テーマ

豊田通商は、企業理念「人・社会・地球との共存共栄を図り、豊かな社会づくりに貢献する価値創造企業を目指す」に基づき、人(教育)・社会(福祉)・地球(環境)を社会貢献活動の重要テーマ3分野として位置付け、豊かな社会づくり実現に貢献し得るグローバルな活動に積極的に取り組みます。具体的な活動においては『企業による・役職員による・事業活動による』3つのアプローチをバランス良く選択し、実質的で効果的な活動を推進します。さらに役職員一人ひとりの社会貢献活動を推進・支援するとともに、企業という単位でこそ取り組める自主的な活動を推進することで企業の社会的責任に応え、『豊かな社会づくり』の実現を目指します。

社会貢献活動実績

2021年3月期に豊田通商で実施した社会貢献活動の一覧

  • 上記活動に社員750名が参加しました。
当社における社会貢献活動費(2021年3月期) 671百万円

社会貢献活動報告

2021年3月期に豊田通商グループで実施した社会貢献活動の内容報告

1. 環境関連

豊田通商は、地球環境の保全は豊かな社会づくりの基礎であるとの考えから、事業活動を通じた脱炭素社会、循環型社会の実現へ向けた取り組みはもとより、社会貢献活動を通じた生物多様性や生態系の維持・保全などに取り組んでいます。

ラムサール条約登録地藤前干潟におけるクリーン大作戦に参加

当社は、名古屋市港区藤前地区の地先に広がる干潟であり、ラムサール条約の登録地となっている藤前干潟の環境保全活動として「藤前干潟クリーン大作戦」に参加しています。2021年3月期は当社やグループ企業の社員・家族合計10名が参加しました。藤前干潟は多数の渡り鳥が飛来する重要な中継地で、名古屋本社からも近く、都市に残された生き物のオアシスを感じることができます。しかし、藤前干潟とその周辺の岸辺は、上流などから運ばれたペットボトル、ビニール袋、発泡スチロールなどの石油原料の製品ゴミで覆われています。今後も、貴重な環境を守るべく、住民団体、行政と協働して保全活動に取り組んでいきます。

オフィス周辺の早朝清掃活動 「Morning Clean!」

当社は、地域貢献の一環として東京・名古屋本社周辺の清掃活動を毎月1回実施しています。2021年3月期はコロナ禍の中で定期開催はできませんでしたが、実施時には感染対策を行い、密にならぬよう規模を抑えながら活動の維持に努め、当社やグループ企業の社員約70名が参加しました。今後も地域社会の一員として、環境美化活動に積極的に取り組んでいきます。

「大阪市一斉清掃“クリーンUP”作戦」への参加

当社は2006年3月期より大阪市主催の清掃活動に参加しており、2012年3月期からは大阪マラソン開催に向けての地域清掃「大阪マラソン“クリーンUP”作戦」として続けてきました。2021年3月期はコロナ禍のなか大阪マラソンは中止となりましたが、「きれいなまち大阪」を目指すなかで当該活動は継続され、当社やグループ会社の社員15名が活動に参加しました。今後も、大阪支店周辺の御堂筋を中心に清掃活動を行っていきます。

リビルトおよび清掃による消耗部品の再利用

当社グループの(株)ティー・エー・エスは、開業以来トラック・バスを中心としたディーゼル車のエンジン補機類の修理リビルトを手掛けています。この事業で予防整備を呼び掛けることで、最小限の部品交換で資源の再利用を推進してきました。2018年からはディーゼル車の排気ガスフィルターの清掃でCO2/Noxの排出低減にも貢献しております。未来ある子供たちへ、住みやすい環境を残せるように今後も取り組んでいきます。

タイでのマングローブ植林活動

当社グループのBorneoTechnical(Thailand)Co.、Ltdは、「CSRボランティアプロジェクト:マングローブ林の植栽、カニのコンドミニアムの建設」として本社経営陣、レムチャバン支店のスタッフおよび東部地域販売員が一緒になり、レムチャバン海岸地域に緑地を増やす活動を「マングローブ森林教育センター・プラチェディクランナム」で行いました。50本の植樹を行うなど、この活動に参加した同社のスタッフは、この地域に生息する水生動物の住処を作ったことへの喜びと感銘を受けました。マングローブ林は将来の沿岸土壌侵食の防止にも役立ちます。

ブラジルでのユニフォーム・リサイクル活動

当社グループのComercio de Veiculos Toyota Tsusho Ltda.は、従業員や外注先への教育と環境への配慮から、使用しなくなった従業員のユニフォームを布製のバックパックやエコバック、財布やブランケットなどにアップサイクルする取り組みを行っています。この活動はトヨタ・ブラジルが主催するReTornarプロジェクトの一環で、同社では2018年1月からこの活動に協力しています。地域の住民は縫製の訓練を受け技術を習得しながら作った製品から収入を得ることもでき、双方にメリットのある取り組みとなっています。

ブラジルでの植林活動

当社グループのOleos Menu Industria e Comercio Ltda.は、2007年より自社での植林活動に取り組んでおり、2021年3月期も地元ガララペス市との共同取り組みとして活動を広げ、1,800本の苗木を提供し、市所有地に植林しました。新型コロナウイルスの影響で住民が参加するイベントとしては開催せず、感染対策を徹底の上、同社社員5名で植林を実施し、ガララペス市の自然環境整備に取り組みました。

2.教育関連

海外からの留学生により良い教育環境を提供するための奨学金制度や、教育が行き届いていない地域への支援、次世代への育成に向けた取り組みなど、さまざまな活動を行っています。

「豊田通商留学生奨学金」制度

当社は日本の大学に在籍し勉学に励む私費留学生に対して奨学金を支給しています。幅広い国々から来日されている留学生の経済的不安を緩和することで学習効果を高め、国際社会で活躍する人材の育成に寄与することを目的としています。

2021年3月期はアジア、アフリカなどを中心に17カ国28名の留学生を支援しました。例年は当社に招いての交流会を開催しておりましたが、新型コロナウイルスの影響を鑑み、オンライン形式での交流会を開催しました。留学生からは日本での留学生活、大学での研究テーマ、卒業後の進路などを発表いただき、その後グループディスカッションを皆で行うなど、今できる交流に努めました。今後も国際社会で活躍する人材の育成につなげるとともに、国際交流を促進していきます。

「アジアの子どもたちに絵本を届ける運動」に参加

当社は、本を開くことは未来を拓くこと、という想いに共感し、2011年3月期より(公社)シャンティ国際ボランティア会主催の「絵本を届ける運動」に参加しています。この運動は、現地の言葉に翻訳したシールを日本の絵本に貼り、まだ本を知らないアジアの子どもたちに届ける活動です。2021年3月期はコロナ禍の中でも当活動を維持すべく、自宅等への持ち帰り作業として当社やグループ会社社員189名が参加し、300冊の絵本を仕上げました。今回の絵本はミャンマーに送られ、子どもたちへの支援につなげました。今後も継続して国際教育支援に取り組んでいきます。

高校生水素・エネルギープロジェクトへの支援

当社は名古屋市内の高校生が水素および燃料電池の調査と研究に取り組む「高校生水素・エネルギープロジェクト」(名古屋市科学館主催)を支援しています。対象の学生向けに、当社グループが運営する熱田区の水素ステーションと中川区の移動式水素ステーションを見学していただき、当社の水素ビジネス紹介を行いました。水素ステーションの仕組み、水素が車に充填される様子を実際に見ていただき、水素がどのようにビジネスで活用されているのか、どのような課題があるのか、学生たちは興味深く話に耳を傾け、真剣な質疑応答が交わされました。当日の移動手段として燃料電池自動車MIRAIにも乗車いただくなど、実践的な機会にあふれる一日を過ごしていただき、サステナブルな脱炭素社会の実現に向けた取り組みを体験していただきました。

風力・太陽光発電施設 サイト見学会の開催

当社グループの(株)ユーラスエナジーホールディングスは、企業ビジョンである「地域と共に発展し、社会から信頼される企業」を実践するため、国内で保有している40の風力や太陽光発電施設にて、毎年延べ1,700名を超える見学者を受け入れています。見学会では風や太陽光を利用した発電の仕組みを説明するとともに、実際に風車や太陽光パネルを間近にご覧いただき、発電事業への理解促進に努めています。

完全養殖クロマグロの養殖現場見学会の開催

当社グループの(株)ツナドリーム五島は、地域貢献活動の一環として五島市立玉之浦小学校、嵯峨野島小学校、福江中学校の生徒さんに完全養殖クロマグロの生簀見学、餌やり体験を実施しました。長崎県は養殖クロマグロ生産尾数全国一位を誇り、主要産地の五島市でも地元の重要な産業となっています。クロマグロは絶滅危惧種にも認定されていますが、同社が行っている完全養殖は、資源保護の観点からも天然資源を減らさない持続可能な養殖方法として注目されています。

見学に参加した生徒たちは、持続可能な養殖方法の説明に興味深く耳を傾け、出荷サイズの40キロを超えるマグロに給餌体験の際には、その大きさと迫力に感動した様子でした。

バスケ教室の開催とプロバスケ試合への観戦招待

当社グループの豊通ファイティングイーグルス(株)は、スポーツの発展、青少年の育成と地域の活性化に貢献すべく、バスケ教室の実施やプロバスケットボール公式試合への観戦招待を行っています。バスケ教室では、プロコーチや現役選手による実技指導や選手との試合などバスケットボールを通じた交流を行っています。また、プロバスケットボールのシーズン中は、地域の福祉施設にいる児童および関係者を試合に招待し、全国トップレベルのスポーツ観戦の機会を提供しています。

2021年3月期は、例年よりも教室の開催、試合招待ともに回数が減ってしまいましたが、指導動画の配信や感染対策のうえでの小学校での講演会など、コロナ禍でもできる活動を試み、地域とのつながりを大事にしています。

ラオス国立大学の学生へのインターンシップ・プログラム

当社グループのToyota Laos Co., Ltd. (TLAO)は、豊田通商ビエンチャン事務所、Toyota Tsusho Leasing (Lao) Co., Ltd.と共同で、ラオス国立大学からのインターン生を毎年迎え入れております。

2021年3月期は29名の大学生が参加し、同社の代理店オペレーション紹介、ディーラー訪問などを通じて業務を理解していただきました。初めて企業を訪問するインターン生は真剣に説明を聞き、さまざまな質問などを行い大変有意義なインターンシップとなりました。ラオス発展の原動力となる若手育成の支援にこれからも取り組んでいきます。

3.福祉関連

障がい者支援につながる活動、開発途上国の貧困対策につながる活動など、さまざまな福祉支援を行っています。

アフリカでのヘルスケア支援

当社グループのCFAO SASは、2011年よりClub Sante Afrique(CSA)の創設メンバーであり、活動を支援しています。公衆衛生分野でアフリカを代表するNGOであるAMREF-Flying Doctorsと提携し、CSAの寄付基金を通じて運営しています。AMREFはサハラ以南のアフリカにおける4つの優先事項「医療従事者の訓練」「母子保健」「医療と外科的援助」「遠隔医療」に焦点を当てています。CSAは、セネガルとコートジボワールの医療従事者と助産師を対象としたトレーニングを実施し、12,000名以上の助産師および看護師が受講しています。また、モバイル医療、遠隔医療、ヘルスケアスクール等のプロジェクトにも取り組み、今後さまざまな国に展開していく予定です。

関連リンク

TABLE FOR TWOへの取り組み

当社はNPO法人Table For Two Internationalが主催するプログラム「Table For Two(以下、TFT)」に2008年から参加しています。この活動は社員食堂で社員が対象メニューやドリンクを購入すると、購入者が10円を負担し、会社も同額を寄付する「マッチング・ギフト方式」で1食毎に20円がTFTを通じて開発途上国に寄付されるプログラムです。社員が栄養バランスの良い食事をとることで、自身は生活習慣病を改善でき、途上国現地には学校給食が届けられ、世界の食の不均衡解消の一助となります。

2021年3月期は、コロナ禍により社員食堂が閉鎖されるなど、寄付活動が滞ってしまう懸念がありましたが、ウォーキングアプリを活用したウォーキングイベントを開催し、参加社員の歩数に応じて寄付を行いました。寄付のために歩こうとすることで健康増進にもつながるなど、TFTの概念にも沿った活動になりました。時間や場所を選ばないことで、コロナ禍でもできる社会貢献活動になっています。

また、国連が定めた10月16日「世界食料デー」を記念してTFTが開催している「おにぎりアクション2020」の協賛企業としても参画するなど、幅広い形でTFTを通した社会貢献を行っています。

当社はこれまでに、34万2,084食の学校給食をアフリカやアジアの子どもたちに届けることができており、当社の支援実績に対して「TABLE FOR TWO International」から、感謝状とパートナーバッジをいただいています。

児童福祉施設の子どもたちに知育パズルを届ける活動

当社は、2016年3月期よりNPO法人森のライフスタイル研究所と協働し、「子どもたちに木製玩具を届ける活動」を実施しています。当活動は、国産の間伐材からなる木を使って、積み木や知育パズル、ひらがな/カタカナのハンコを作り、子どもたちに届ける活動です。活動時には間伐材を取り巻く現状を社員に伝えることで環境教育にも繋げ幅広い社会貢献活動になるように心掛けています。

2021年3月期は、コロナ禍のなかで全てを持ち帰り作業として行い、当社やグループ会社社員96名が参加して知育パズル3箱を仕上げました。完成した知育パズルは地域の児童福祉施設に寄贈し、地域社会貢献にもつなげています。

交通安全立哨

当社グループの豊通物流(株)は、春・秋の全国交通安全運動期間中に国内各拠点前の公道にて交通安全の呼びかけを実施しています。安城デバイスセンター、三好第1/第2センターで実施する際には同社役員も含めた全員が参加し、公道を走行する車だけでなく、同社通勤者、並びに同社への搬入トラックドライバーにも安全を呼び掛けています。

新型コロナウイルス療養者と医療従事者へ着圧ソックス類の支援を実施

当社グループの福助(株)は、2020年5月に新潟大学大学院 医歯学総合研究科 特任教授の榛沢和彦先生を通じ、北海道庁 北海道保健福祉部 地域医療推進局 地域医療課および新潟県庁 新潟県福祉保健部 県医療調整本部宿泊療養等確保チームへ、着圧ソックス140足を寄贈し、待機療養する新型コロナウイルス軽症者に活用していただきました。また、同 榛沢和彦先生を通じ、第一線で奮闘する医療従事者へ強着圧ソックス『スーパーサポート』など計150足を寄贈しました。

スロベニアでの若者飲酒運転撲滅活動への支援・参加

当社グループのToyota Adria D.O.O. は、NGO団体Zavod Vozimと共に、社会問題である若者の飲酒運転撲滅を呼び掛けるボランティア活動を実施しています。

本活動はEU CommissionよりRoad Safety分野にてグランプリを受賞しています。ユニークなのは、若者向けイベント会場前で飲酒チェックを行い、基準以上のアルコールを検出した場合は障害者ドライバー中心の無料送迎を行うことです。道中では、自分がなぜ障害者になったのかなど飲酒運転の怖さを説明します。同社は送迎用の障害者対応車両の提供に加え、社員がドライバーとしても参加しています。

この他にも、高校で飲酒運転についてのセミナーを開催し、事故で足が不自由になった方の経験談や特殊なゴーグルで泥酔状態の見え方を伝え、同国での飲酒運転減少に大変効果的な活動になっています。

障がい者施設への訪問交流

当社グループの豊田通商(上海)有限公司は、春節のお祝いに合わせて知的障碍者施設「陽光の家福利院」を訪問しました。施設の障碍者の皆さんと工芸品やケーキを一緒に作りながら交流し、充実した時間を過ごしました。春節のお祝いの品として、同社によるFamilyDayでの社内販売の売上の一部で購入したオーブントースターを贈り、皆さんに喜んでいただけました。

また、同社の成都分公司でも、春節のお祝いを持って錦江区障碍者連合社陽光家園を訪問しました。参加社員は施設の障碍者の皆さんと一緒に春節のお祝い文字を書き切紙などを作成し、春節のお土産を贈りました。活動への感謝として陽光家園から同社に「愛心企業」という称号の賞状をいただきました。

4. 東日本大震災支援

トヨタグループ合同での復興支援現地ボランティアや被災地の子供たちに向けた社内ボランティア活動、被災地の食材/加工食品などを販売する社内マルシェなど、被災地域のニーズに沿った活動を継続的に行っています。

東北コットンプロジェクトへの参加

東日本大震災で津波により甚大な被害を受けた宮城県沿岸部の復興のために、塩害に強い綿を育て、その綿から服やタオルを作り販売することを目指して始まった「東北コットンプロジェクト」。当社グループの東洋棉花(株)は、綿花のプロとして、その栽培に関するノウハウの支援とギリシャから綿花の種の供給に携わっています。毎年、春には種植えが、秋には綿花の収穫が実施され、その活動にも参加しています。

台湾からの東日本大震災被災地へのクリスマスカード

当社グループの台湾豊田通商股份有限公司は、「クリスマスカードを被災地の子供たちに届けよう!」活動に参加しました。「海外からも応援しています」という気持ちが少しでも伝わればとスタッフは被災地の子どもたちに思いを馳せながらイラストやメッセージを作成しました。家族や友人、ふるさとを襲った災害の記憶と悲しみが癒えることはないでしょう。私たちはこれからもそっと寄り添っていきます。

5.その他の社員参加による活動

身近なボランティア活動として、社内で使用済み切手やエコキャップ、外国コインなどを収集し、途上国などに対する支援を行っています。

また、社会貢献活動への参画意識を促す取り組みとして、有給休暇を利用してボランティア活動に参加した社員に交通費等を支援する「ボランティア支援制度」や、主体的にボランティア活動に参加した社員を社内表彰する「社会貢献賞」を設けています。社会貢献賞の表彰状にはフェアトレード商品であるバナナペーパーを使用するなど、社内関心を高めるようにしています。

社員による社会貢献募金制度

当社は、会社から毎年付与される福利厚生ポイントや社内の改善提案による報奨金を社員が任意で募金でき、集まった募金を環境、教育、福祉、災害支援などに取り組む国内外のNGOやNPO、公的機関に寄付する社会貢献募金制度を設けています。

2021年3月期は、コロナ禍での子どもたちへの食料提供、障がい児保育/赤ちゃん縁組支援、豪雨災害支援、アフリカでの乳幼児病棟建設に取り組む各種団体への寄付、名古屋市の養護学校へ就労教育につながる寄贈を行いました。今後も、社員を広く巻き込み、支援に関われる仕組みづくりに努めて参ります。

社会貢献活動に取り組む団体による社内講演会の開催

当社は、社員にさまざまな社会課題の解決に取り組む団体の存在およびその活動を知ってもらう機会として社内講演会を開催しています。2021年3月期はオンライン形式で4回開催し、当社とグループ会社の社員175名が参加しました。第1回は2008年から支援している「NPO法人TABLE FOR TWO International(TFT)」よりTFTプログラム内容やコロナ禍における支援先各地の様子について、第2回は「公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン」より当社の社会貢献募金制度で集めた募金の一部で支援したウガンダ乳幼児病棟建設プロジェクトについて講演いただきました。第3回は親子の笑顔を妨げる社会問題を解決するためのさまざまな取り組みを推進している「認定NPO法人フローレンス」に、第4回はクラウドファンディングを通じて社会貢献PJを展開する「READYFOR㈱」に講演いただきました。今後も講演会を通して社会貢献活動を周知していきます。