機械・エネルギー・プラントプロジェクト

機械・エネルギー・プラントプロジェクト本部は、機械分野、エネルギーソリューション分野、インフラソリューション分野において、事業を展開しています。

機械分野では、自動車産業向けを中心に生産設備の一貫したサポート機能を提供しています。自動車以外の分野においても産業機械、医療・分析機器、繊維機械などの販売をグローバルに展開しています。デジタル技術を活用した新たな事業基盤の確立や将来有望なCASE分野からの新たなビジネス創出にも取り組んでいきます。

エネルギーソリューション分野では、カーボンニュートラル社会実現に貢献する事業として、風力・太陽光、水力、地熱、バイオマスなどの発電事業を全世界規模で展開しています。アフリカ、新興国での開発促進、洋上風力開発など発電事業を強化しつつ、バーチャルパワープラントや分散化電源の開発などにより、安定安価な再生可能エネルギーの供給に取り組んでいます。また、バイオマス分野で高品質でクリーンな燃料を供給し、お客さまの環境負荷低減に必要なソリューション提供に取り組んでいます。

インフラソリューション分野では、新興国での社会課題解決に貢献するため、強みがある中東・アフリカ・新興国において、事業提案・資金調達・設計・調達・建設工事に至るまでのインフラ整備や空港、港湾、水関連事業などのインフラ運営に取り組んでいます。また、カーボンニュートラル社会実現に向けた新興国での再生可能エネルギー資源活用や船舶燃料のLNG転換、バイオディーゼル供給などのソリューション提案も行い、社会の環境負荷低減に取り組んでいきます。

次世代モビリティ社会への移行に伴う自動車産業の構造変化、カーボンニュートラル社会実現に向けた再生可能エネルギー市場の急拡大、中東・アフリカ・新興国でのニーズの多様化など大きく変貌する外部環境に対して、既存ビジネスの収益基盤をより強固にすると同時に、お客さまの声に応えながら自己変革や成長を加速するための事業構造転換にも取り組んでいく考えです。

  • (注)2021年4月より、従来の電力事業分野とエネルギー・プラント分野は、エネルギーソリューション分野とインフラソリューション分野へ事業再編を行いました。
自動車メーカーの加工ライン
自動車メーカーの加工ライン
発電プロジェクト
発電プロジェクト
港湾運営
港湾運営
主な事業内容
機械
自動車産業向けを中心とした製造・物流設備、部品・工具類、建設機械などの国内外取引および付帯する設計・修理・据付工事などの一貫したサポート機能の提供
エネルギーソリューション
風力・太陽光・水力・地熱・バイオマスなどの再生可能エネルギー開発、運営およびエネルギー関連全般の事業開発、運営
インフラソリューション
空港・港湾・電力などのインフラ整備、運営およびLNG、バイオディーゼルなどの燃料供給関連事業

主な関連会社

価値創造事業

機械・設備の一貫したサポート機能

一貫したサポート機能および供給までのバリューチェーン

再生可能エネルギー事業の強化

風力・太陽光分野では、豊富な発電所稼働データを分析し、稼働率良化による電力供給の安定化やメンテナンス費用削減によるコストダウンを行っています。また、水力・地熱・バイオマス等の電源メニューの拡大、アフリカ・中東への地域の拡大、分散型や蓄電・送電・小売への機能拡大を行い、再生可能エネルギー事業のさらなる強化を図っています。

発電事業、ガス・石炭の資源開発・生産やその周辺事業をグローバルに展開

特徴1

各種機械・設備を調達・販売するだけでなく、企画・提案や技術開発、品質管理、効率的な物流、据え付け、アフターサービスに至るまでトータルにサポートし、お客さまの生産体制の構築に貢献しています。

特徴2

風力発電所の豊富な稼働データを分析し効率的なメンテナンスを行うことで、稼働率の向上と費用の削減を進めます。再生可能エネルギーに求められている安定化と低コスト化を実現できる事業体を目指して努力を続けています。

2022年3月期第1四半期の取り組み

Toyota Tsusho Petroleum Private Limitedは、海運業界の脱炭素化を目的に、シンガポール港で日本郵船株式会社の外航船舶向けに、舶用バイオディーゼル燃料の供給トライアルを、2021年6月に実施しました。バイオ燃料の常時利用を見据えて、船舶の代替燃料への転換に向けた取り組みを進めていきます。

機械・エネルギー・プラントプロジェクト事業のプロジェクト紹介