社会貢献

社会貢献活動基本方針

豊田通商は『良き企業市民』として『人・社会・地球との共存共栄』を目指し、グローバルな社会貢献活動を通して、『豊かな社会づくり』に貢献します。

活動方針

3つの重点テーマ
3つの重点テーマ

豊田通商は、人(教育)・地球(環境)・社会(福祉)を社会貢献活動の重要テーマ3分野として位置付け、豊かな社会づくり実現に貢献し得るグローバルな活動に積極的に取り組みます。人(教育)・地球(環境)・社会(福祉)は豊田通商の企業理念にも定められており、事業戦略にも繋がっております。具体的な活動においては『企業による・役職員による・事業活動による』3つのアプローチをバランス良く選択し、実質的で効果的な活動を推進します。さらに役職員一人ひとりの社会貢献活動を推進・支援するとともに、企業という単位でこそ取り組める自主的な活動を推進することで企業の社会的責任に応え、『豊かな社会づくり』の実現を目指します。

社会貢献活動実績

2020年3月期の社会貢献活動実績

  1. ※1「アジアの子どもたちに絵本を届ける運動」は国内13拠点で実施いたしました。
  2. ※2販売会を除く上記活動に777名が参加しました。
当社における社会貢献活動費(2020年3月期) 564百万円

社会貢献活動報告

1.環境関連

豊田通商は、地球環境の保全は豊かな社会づくりの基礎であるとの考えから、事業活動を通じた脱炭素社会、循環型社会の実現へ向けた取り組みはもとより、社会貢献活動を通じた生物多様性や生態系の維持・保全などに取り組んでいます。

ラムサール条約登録地藤前干潟におけるクリーン大作戦に参加

当社は、名古屋市港区藤前地区の地先に広がる干潟であり、ラムサール条約の登録地となっている藤前干潟の環境保全活動として、「藤前干潟クリーン大作戦」に参加しています。2020年3月期は、当社やグループ企業の社員・家族合計16名が参加しました。藤前干潟は多数の渡り鳥が飛来する重要な中継地で、名古屋本社からも近く、都市に残された生き物のオアシスを感じることができます。しかし、藤前干潟とその周辺の岸辺は、上流などから運ばれたペットボトル、ビニール袋、発泡スチロールなどの石油原料の製品ゴミで覆われています。この貴重な環境を守るべく、住民団体、行政、企業が協働して保全活動に取り組んでいます。

ブラジルでの植林活動

当社グループ会社のOleos Menu Ind. e Com. Ltda.は、2007年より自社での植林活動に取り組んでおり、2020年3月期は地元ガララペス市との共同取り組みとして活動を広げ、1,620本の苗木を提供し市所有地に植林しました。
活動当日は市長はじめ市役所職員、地区住民、当社社員合わせて約50名が植林に参加し、ガララペス市の自然環境整備に取り組みました。

東山動植物園における「植物園花いっぱいプロジェクト」への参加

当社は、名古屋市と覚書を結んだ上で、名古屋市営東山動植物園が再生プランとして推進している「東山植物園花いっぱいプロジェクト」に参加しています。敷地一角の花苗を寄付負担する地域貢献としてのみならず、植物園内のお花畑や花壇での花苗の植替、除草などの作業を通じて、実際の花や土に触れ、小さな命を感じてもらえる環境教育の場として活動しております。2020年3月期は、当社やグループ企業の社員・家族合計42名が参加しました。

オフィス周辺の早朝清掃活動 「Morning Clean!」

当社は地域貢献の一環として東京・名古屋本社周辺の清掃活動を定期的に実施しています。
2020年3月期は計18回開催し、当社やグループ企業の社員約300名が参加しております。
今後も地域社会の一員として、美化活動に積極的に取り組んで参ります。

「大阪マラソン“クリーンUP”作戦」への参加

当社は、2006年3月期より大阪市主催の清掃活動に参加しており、2012年3月期からは大阪マラソン開催に向けての地域清掃「大阪マラソン“クリーンUP”作戦」に参加しています。この活動は、大阪マラソン開催前の1週間、美しいまちづくりのために公共スペースを清掃する取り組みで、大阪支店周辺の御堂筋を中心に清掃活動を行っています。2020年3月期は、当社やグループ企業の社員約30名が活動に参加しました。

「Phnom Penh Clean City Challenge with Japan」への参加

在カンボジア日本大使館、日本人商工会等が主催の「The 2nd Phnom Penh Clean City Challenge with Japan」に、当社グループ会社Toyota (Cambodia) Co.,Ltdの社員・家族の合計約90名が参加いたしました。
このプロジェクトは2019年3月期より開始されたもので、日本人とカンボジア人が一丸となってプノンペン市内を清掃する事により、街中の美化の役割を果たすだけでなく、地元近隣住民への様々な教育的意義を持ち、日本らしい取組みをアピールすることを主旨として行われております。

中国でのゼロ廃棄環境保護ボランティア活動

当社グループの豊田通商(天津)有限公司は、トヨタ自動車中国現地法人と一緒に街中でエコ活動、資源のリサイクルを市民に呼びかけるボランティア活動に参加しました。
同社を含めたトヨタグループ各社の各拠点からボランティアを募って長春、瀋陽、天津、北京で一斉開催されました。この活動は「ONE EARTH ONE HOME」をスローガンとし、道行く市民に資源の分類とリサイクルを呼びかけるチラシを配ったり、興味のある市民にペットボトルを再利用して花を生けてもらったり、また不要の布を使ってエコバッグに加工したりと、大変有意義な活動となりました。

アメリカでの環境保護活動

当社グループのToyota Tsusho America, Inc.インディアナ拠点は、パイク郡土壌・水保全局と協力し、これまでに1,000本を超える苗木を同社で購入し、社員と地元の小学生が自宅で植えてもらっています。購入した木を個別に包装し、植樹方法や木が環境にもたらす利点を書いたタグを添付するなどの作業もボランティアで行っています。
また、同じくパイク郡土壌・水保全局と協力して、ギブソン郡の小学校4校とパイク郡の小学校3校でアースデイ・プログラムを開催し、「無駄の削減」「再利用」「リサイクル」について生徒と語りました。再利用可能な布製のトートバッグを用意し、環境保護をテーマにしたデコレーションを施して使ってもらうなど、さまざまな工夫で環境について考える機会を設けました。

2.教育関連

海外からの留学生により良い教育環境を提供するための奨学金制度や、教育が行き届いていない地域への支援、次世代への育成に向けた取り組みなど、さまざまな活動を行っています。

「豊田通商留学生奨学金」制度

当社は、日本の大学に在籍し勉学に励む私費留学生に対して、奨学金を支給しています。留学生の経済的不安を緩和し学習効果を高めると同時に、国際交流を促進し人材の育成に寄与することが目的です。この奨学金制度を通じて、これまでに400名以上の留学生に支援を行っております。
2020年3月期はアフリカ、欧米などを中心に20カ国27名の留学生を支援し、4月と1月に当社に招いて交流会を開催しました。
今後も将来のビジネスパートナーの育成につなげるとともに、当社が事業活動を行うコミュニティーの発展にも寄与していきます。

「絵本を届ける運動」に参加

当社は2011年3月期より、(公社)シャンティ国際ボランティア会主催の「絵本を届ける運動」に参加しています。
この運動は、日本語の絵本に現地語のシールを貼って、カンボジアやラオスなど、子どもの絵本が足りない地域に届ける活動です。
2020年3月期は、国内13拠点で開催し、当社やグループ企業社員300名が参加、300冊の絵本を作成し、ラオスへの支援に繋げました。
今後も継続して教育支援に取り組んで参ります。

風力・太陽光発電施設 サイト見学会の開催

当社グループ会社の(株)ユーラスエナジーホールディングスは、企業ビジョンである「地域と共に発展し、社会から信頼される企業」を実践するため、国内で保有している30を超える風力や太陽光発電施設にて見学者を受け入れています。
見学会では風や太陽光を利用した発電の仕組みを説明するとともに、実際に風車や太陽光パネルを間近にご覧いただき、その大きさを実感していただいています。
毎年延べ1,700名を超える参加者があり、発電事業への理解の促進や子ども達の環境教育の一環として今後も引き続き実施していきます。

完全養殖クロマグロの養殖現場見学会の開催

当社グループの(株)ツナドリーム五島は地域社会貢献活動の一環として、五島市立玉之浦中学校、福江中学校の生徒および先生に完全養殖クロマグロの職場見学会を開催しました。
長崎県はクロマグロ養殖尾数全国一位を誇り、主産地の一つである五島市でも重要な産業に数えられています。クロマグロはレッドリストに掲載されている絶滅危惧種で、今後の産業維持のためにも持続可能な養殖が求められています。資源を減らさない観点からも卵から成魚まで育成する完全養殖は注目を浴びており、同社の手掛けている完全養殖事業について説明しました。育成過程の苦労話や、美味しいクロマグロの食べ方なども織り交ぜて説明し、興味深く耳を傾けて頂けました。見学の最後には40キロを超えるマグロに給餌体験をしてもらい、大変喜んでいただきました。

中国広東省での小学校支援活動

当社グループの豊田通商(広州)有限公司では、子供達がより良い環境で学べるためのお手伝いとして、広東省の小学校への支援活動を継続して実施しています。
2020年3月期は、広東省広州市の農民工(地方からの出稼ぎ労働者)の子供学校である黄埔崇徳実験学校の図書室の改装を行いました。図書室の照明改善工事を行っただけでなく、古くなった机と椅子をすべて新しく入れ替え、さらに光を取れるように図書室のレイアウトも変更しました。また、同社の労働組合からも書籍201冊を寄付しております。

バスケ教室の開催とプロバスケ試合への観戦招待

当社グループ会社の豊通ファイティングイーグルスは、スポーツの発展、青少年の育成と地域の活性化に貢献すべく、バスケ教室の実施やプロバスケットボール公式試合への観戦招待を行っています。
バスケ教室では、プロコーチや現役の選手による実技指導や選手との試合などバスケットボールを通じた交流を行っています。
また、プロバスケットボールのシーズン中は、地域の福祉施設にいる児童および関係者を試合に招待し、全国トップレベルのスポーツ観戦の機会を提供しています。
2020年3月期は、約450名を試合へ招待し、バスケ教室を愛知県及び東京都(港区)の小中学校で400回開催するなど、約3,100名の子供たちに参加頂きました。

高校生燃料電池自動車プロジェクトへの支援

当社は、名古屋市内の高校生が水素、燃料電池の調査と研究に取り組む「高校生燃料電池自動車プロジェクト」(名古屋市科学館主催)を支援しております。
対象の学生向けに、名古屋本社内で当社の水素ビジネス紹介を行い、当社グループが運営する熱田区の水素ステーションを見学していただきました。学生たちは、実際に水素がどのようにビジネスで活用されているのか、どのような課題があるのか、興味深く話に耳を傾け、熱い質疑応答が交わされました。また、当日の移動手段として水素自動車MIRAIにも乗車頂くなど、実践的な機会にあふれる一日となりました。

3.福祉関連

障がい者支援に繋がる活動、開発途上国の貧困対策に繋がる活動など、さまざまな福祉支援を行っています。

アフリカでのヘルスケア支援

当社グループ会社のCFAO SASは、2011年よりClub Sante Afrique(CSA)の創設メンバーであり、活動を支援しています。公衆衛生分野でアフリカを代表するNGOであるAMREF-Flying Doctorsと提携し、CSAの寄付基金を通じて運営しています。また、AMREFは、サハラ以南のアフリカにおける4つの優先事項「医療従事者の訓練」「母子保健」「医療と外科的援助」「遠隔医療」」に焦点を当てています。CSAは、セネガルとコートジボワールの医療従事者と助産師を対象としたトレーニングを実施し、12,000名以上の助産師および看護師が受講しています。また、モバイル医療、遠隔医療、ヘルスケアスクール等のプロジェクトにも取り組み、今後さまざまな国に展開していく予定です。

TABLE FOR TWOへの取り組み

当社はNPO法人Table For Two Internationalが主催するプログラム「Table For Two(以下、TFT)」に2008年から参加しています。
この活動は社員食堂で社員が対象メニューやドリンクを購入すると、購入者が10円を負担し、会社も同額を寄付する「マッチング・ギフト方式」で1食毎に20円がTFTを通じて開発途上国に寄付されるプログラムです。社員が栄養バランスの良い食事をとることで、自身は生活習慣病を改善でき、途上国現地には学校給食が届けられ、世界の食の不均衡解消の一助となります。
2020年3月期は、社員食堂で常時提供している対象メニューだけでなく、横浜で開催されたTICAD(アフリカ開発会議)や世界食糧デーに合わせたメニューも提供するなど、社員へのさらなる周知浸透に取り組みました。
これまでに、32万2,705食の学校給食をアフリカやアジアの子どもたちに届けることができております。

当社の支援実績に対し、「TABLE FOR TWO International」より、感謝状とパートナーバッジをいただきました。

多治見修道院ワインフェスタへの運営ボランティア参加

当社は、重度の障がい者が福祉を受ける立場だけではなく、福祉をつくるという積極的な試みのもと、施設の企画から運営に至るまで、障がい者自身が中心になり様々な取り組みを進めている姿勢に共感し、社会福祉法人「AJU自立の家」を支援しています。
当イベントは、「AJU自立の家」が2015年に自分らしく地域で生きるために葡萄を作ってワインを造る小牧ワイナリーを開所したところから始まり、一年を通して行われる栽培作業やワインつくり、自立に向かっている成果を発表する場として、毎年11月に開催されているイベントです。入場料およびワイン販売収益は、小牧ワイナリーと多治見修道院で働く障がいのある仲間たちの工賃として支払われております。2020年3月期は、当社およびグループ社員・家族8名が当日の運営にボランティア参加しました。当イベントは来場者3,000名を超える地域の一大イベントとして定着しており、経済的自立に加え、地域活性化、地域住民との共生を目指した取り組みとして、これからも支援を続けていきます。

障がい者支援施設による社内販売会の開催

当社は、名古屋市内で運営されている社会福祉法人「よつ葉の会」のパン・菓子の製造販売活動を支援する目的で、年に4回、名古屋本社内で販売会を開催しています。多種多様な商品に溢れ、毎回社員からは好評となっています。
また、よつ葉の会は、当社も協賛している「にっぽんど真ん中祭り」に演舞参加もしており、演舞用法被を寄贈するとともにボランティアとして当日の演舞活動をサポートしました。今後も、障がい者支援施設による積極的な社会参画を支援していきます。

東海車椅子ツインバスケットボール刈谷大会の開催支援

当社は2009年3月期より、「豊田通商・あいおいニッセイ同和損保カップ 東海車椅子ツインバスケットボール刈谷大会」へ協賛しており、大会の運営にも社員ボランティアとして協力しています。
車椅子ツインバスケットボールは日本で生まれたスポーツで、四肢麻痺の重度障がいがある方々の団体競技です。家庭や施設にこもりがちであった方々の、心身の健康維持・増進を図るとともに、社会参加の意欲の向上にも大いに役に立っています。

ジャマイカでの医療従事者支援 「We are Stronger Together」

コロナウイルス感染拡大により、現場の最前線で多忙を極める医療従事者をサポートするため、当社グループ会社であるToyota Jamaica社は、Old Hope Road支店にあるコーヒーショップの設備を利用し、医療従事者の皆様へランチボックスの無償提供をいたしました。支店のスタッフは、感謝・励ましのメッセージを書き込んでお渡しするなど、想いを込めて活動にあたりました。

アルゼンチンにおける特別支援学校へのボランティア活動

当社グループ会社の豊田通商アルゼンチンは、現地の労働組合と一緒に特別支援学校の壁塗り作業のボランティア活動を行い、合計23名が参加しました。この学校には豊田通商アルゼンチン従業員の子供も通っておりますが、貧困地域にもかかわらず政府からの支援がほぼありません。豊田通商アルゼンチンでは、ペンキをはじめ壁塗り作業の道具だけではなく、学校が必要としている教材の寄付も行いました。

天津市和平区「陽光工場」障碍者センターへの訪問

当社グループの豊田通商(天津)有限公司は、2019年11月から定期的に天津市和平区「陽光工場」障碍者センターに訪問して活動を行っています。「陽光工場」では、障がい者の方々が「果仁張」という天津の有名お菓子屋のラベルを包装袋に張り付ける仕事を主に行っています。この工場では、仕事を通じて障がい者が社会参画すると同時に、外出の機会を提供して健常者とのコミュニケーションを促し、将来的に障がい者が自立できることを目指しています。2019年11月に訪問の際には、同センターのみなさんと一緒に花束と貼り絵を作りました。また2020年1月にも訪問し、春節用品を贈呈し、みなさんと書初めを行いました。2020年5月には新型コロナウイルスの感染拡大防止支援として防疫物資を同センターに贈呈しております。

4.東日本大震災支援

トヨタグループ合同での復興支援現地ボランティアや被災地の子供たちに向けた社内ボランティア活動、被災地の食材/加工食品などを販売する社内マルシェなど、被災地域のニーズに沿った活動を継続的に行っています。

「被災地の子どもたちに知育パズルを届ける活動」を開催

当社では、2016年3月期よりNPO法人森のライフスタイル研究所と協働し、「被災地の子どもたちに木製の地域玩具を届ける活動」を実施しています。
これは、国産の間伐材からなる木を使い、積み木や知育パズルそしてひらがな、カタカナのハンコを作り被災地の子どもたちに届ける活動です。2020年3月期は木製のキューブに赤、青、黄色のマスキングテープを張り知育パズルを作る活動を東京、名古屋、大阪の3拠点で開催し、当社やグループ企業社員94名が活動に参加しました。完成した知育パズル3箱は福島県の保育所、幼稚園に寄贈しました。参加者は、被災地の子どもたちに想いをはせながら活動に取り組みました。

東北被災地支援販売会の開催

当社は2011年より社内で被災地の食材、加工食品などを販売するマルシェを継続開催することで復興の応援をしています。
2020年3月期は宮城県、福島県の物産展を開催しました。販売会当日は当社やグループ企業社員約300名が販売会に訪れました。今後も社員ひとり一人が被災地に寄り添い支援できる取り組みを継続的に開催していきます。

台湾からの東日本大震災支援

当社グループの台湾豊田通商股份有限公司は、中央大学の田中教授が代表をつとめられる「クリスマスカードを被災地の子供たちに届けよう!」プロジェクトに参加しました。
「私たちも台湾から応援しています」という気持ちが少しでも伝わればと、被災地の子供たちに思いを馳せながら、可愛らしいイラストやメッセージ作成に同社社員が取り組みました。いろいろな自然災害がやってきますが、世界中で励まし支え合いながら乗り越えていければと思っております。

5.その他の社員参加による活動

身近なボランティア活動として使用済み切手や外国コイン、エコキャップなどを収集し途上国に対する支援などを行っています。
また、社会貢献活動への参画意識を促す取り組みとして、有給休暇を利用しボランティア活動に参加した社員に交通費を支援する「ボランティア支援制度」や、主体的にボランティア活動に参加した社員を表彰する「社会貢献賞」を設けています。社会貢献賞の表彰状にはフェアトレード商品であるバナナペーパーを使用するなどして社内関心を高めています。

社員による社会貢献募金制度

会社から毎年付与される福利厚生ポイントや社内の改善提案による報奨金を社員が任意で募金でき、集まった募金をとりまとめて国内外の環境、教育、福祉、災害支援などに取り組むNPO法人やNGOなどに寄付する社会貢献募金制度を設けています。
2020年3月期は、集まった募金をアフリカでの乳幼児病棟建設プロジェクト、パラスポーツ、愛知県の障がい者支援施設に寄付、寄贈を行いました。