人事面の取り組み

人事理念

人事理念

豊田通商では、経営戦略の実現を目指し、過去や固定観念にとらわれることなく、現地・現物・現実に立脚の上、全体最適の視点で共鳴・協働し、より良い未来に向けて進化をリードする社員を採用し、育成し、処遇します。


グローバルでのビジネス展開に際し、人権および自由を尊重し、確保することを謳う「世界人権宣言」および国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」を支持し、グローバル行動倫理規範(COCE)において人権尊重を明示し、人権への配慮を重視しています。また当社は、事業を行う地域・国の持続可能な発展への貢献を最大化するというISO26000の考え方に賛同し、現地雇用や現地調達を通じた人材育成や地域社会・経済の活性化を通じ、地域社会との共存共栄に努めるとともに、強制労働・児童労働・不当な低賃金労働の防止を定め、不適切な雇用の撲滅や各国労働法を遵守した最低賃金を上回る賃金の支払いに努めています。

一方、経営戦略としてダイバーシティ&インクルージョンを推進し、柔軟で生産性の高い働き方への改革に取り組むなど、多様な社員がいきいきと働ける人を活かす環境整備を進めています。そして、グローバル規模で事業創造ができる人材、グローバルトップと伍して渡り合える経営人材の育成に注力するとともに、地域コミュニティでの職業訓練機会の提供等により、社内外で社会に有用かつ貢献する人づくりに積極的に取り組みます。

Point1:社員がいきいきと働くことができる職場環境づくり

会社と社員が共に持続的に成長できるよう、社員の働き甲斐、豊かさを実現するための制度や、職場環境の整備を進めていく必要があり、さまざまな施策を構築しています。

Point2:恒常的・自律的に改革・改善を促進する仕組みづくり

社員自らが考え、また、たゆまない改革・改善意欲をもって、自発的に行動を起こせるようにすることが会社の責務と捉えています。その行動を促す仕組みや制度づくりを行っています。

Point3:グローバルな経営環境への好奇心を持ち、その変化に柔軟、誠実にスピード感をもって対応できる人材の育成

経営を取り巻く環境は目まぐるしく変化していきます。その中にあっても、事業機能の強化に努め、誠実な事業活動を速やかに推進することのできる人材を育成します。

Point4:組織としての全体最適を目指したチームワークの促進

個を尊重するとともに、多様性を受容することを通じて、全体最適を目指すことができる組織づくりを行っています。全体最適を目指すためには、チームワークを促進していく必要がありますが、そのためには、お互いを尊重し合うことのできる企業文化・風土であること、タテ・ヨコ・ナナメのコミュニケーションが十分に取れていることが重要と考え、このような企業文化・風土を醸成する仕組みづくりを行っています。


人事制度

1.基本的な考え方

成果に基づいた公正な人事考課と適正な等級・報酬制度の運用に努めています。

豊田通商は、採用から教育、考課、異動など、人事に関する全ての取り組みで、「全体最適」を基本的な価値観としています。これは豊田通商が組織として存在し、ステークホルダーにより大きな付加価値を提供するためには、個人によるパフォーマンスを向上させるだけではなく、複数の人材や組織が協力し合うことが不可欠だと考えているからです。

また豊田通商では、性別・年齢・国籍などの違いにとらわれない、成果に基づいた公正な人事考課に努めています。毎年の達成度を評価する際には、評価者による面談を義務付けている他、決定プロセスの各段階で調整会議を設けて、複数の視点で公平に成果を評価しています。

さらに、人事のベースとなる等級制度や報酬制度、人事異動についても同じく、成果に基づいた公正な運用を心掛けています。2016年3月期から実施している全一次評価者を対象とした評価フィードバックのe-learningを継続実施し、社員の理解浸透に努めています。

2019年度では評価者研修を拡充し、明確な目標設定の合意と成長に寄与するフィードバックの質向上実現に向けた内容に刷新しました。
また、評価フィードバックはアンケートを実施し、フィードバックスキルの検証を図っています。

2.チャレンジローテーション

本人のキャリア志向と意欲の尊重および業務に対するモチベーションを高めるために、社員の異動希望に応えています。

豊田通商では、社員の異動希望を踏まえ人事がアレンジする「チャレンジローテーション」制度と、組織の受け入れニーズや要望に対し社員が申し込み、組織とのマッチングを図る「チャレンジポスト」制度を設けています。

2020年3月期、「チャレンジローテーション」においては41件の利用申請中3名が同制度により異動が成立、「チャレンジポスト」では48件の利用申請中13名の異動が成立しました。

3.表彰制度

多様な視点に基づいて企業ビジョンの実現に貢献した組織・個人を表彰しています。

表彰式の様子
表彰式の様子

企業ビジョンの実現に向けて尽力した国内外の組織や個人を、毎年表彰しています。高い成果や貢献を遂げた案件には「本部優秀賞」が授与され、さらにその中から本部最優秀賞、副社長賞・社長賞が選出されます。

2020年3月期の社長賞案件「Rainbow Project:南アフリカ ユニトランスモーターグループの株式取得」は、グループ会社との連携により、長期にわたる安定的な利益貢献、社会・環境問題への貢献へとつながる事業でToyotsu Core Valuesの発揮を体現した全ての関係者に授与されました。

人材育成

1.基本的な考え方

「豊田通商グループウェイ」を実践できる人材を育成しています。

豊田通商は、「商魂」「現地・現物・現実」「チームパワー」をキーワードとする「豊田通商グループウェイ」を実践できる人材を育成することを目的に、着実なキャリア開発につながるさまざまな社内研修機会を提供することに加え、自主的な自己啓発活動を支援しています。

また、多様な人材が活躍し、共創を促進する風土の醸成の下、グローバル規模で事業創造のできる人材、グローバルトップと渡り合える経営人材の育成に注力しています。

関連リンク

2.教育・研修

「グローバル人材育成の3軸」に沿って研修プログラムを構築しています。

グローバル規模での経営や事業創造に必要なスキルを、「グローバル」「ビジネスプロフェッショナルスキル」「ウェイ・リーダーシップ」という3つの軸で定義し、それらのスキルを段階的に獲得するための階層別研修を構築しています。

「グローバル」の獲得には、英語力を前提として、異文化対応力を高めるための異文化コミュニケーション・異文化マネジメント研修を階層別研修と海外赴任前研修で実施しています。

「ビジネスプロフェッショナルスキル」の獲得には、実務知識講座をはじめ、公募型ビジネススキル研修、e-learningなど、ニーズに合った研修を展開しています。

「ウェイ・リーダーシップ」の獲得には、全ての階層別研修を豊田通商グループウェイに基づいて構築。また、リベラルアーツを各研修に組み込み、歴史・宗教・哲学などの理解を深めることで、リーダーとしての軸や品格を養っています。

異文化の中でリーダーシップが発揮できるグローバル経営人材の育成を推進しています。

近年のグローバル化に伴い、グローバルパートナーと互角に渡り合い、リスペクトされる人材が必要になっています。このようなグローバル経営人材の育成を目的とした選抜研修体系も構築しており、最高峰の研修として位置づけられる「Global Advanced Leadership Program(GALP)」では、国内外の一流ビジネススクールと提携してプログラムを実施。単体社員と国内外グループ会社社員が、約半年に渡る研修を通じ多文化の中でリーダーシップを磨いています。

また、その一階層下に位置付ける「Leadership Development Program(LDP)」においては、地域や国の課題解決をテーマに、将来のグループ経営を担う人材の育成に取り組んでいます。

豊田通商では、海外での勤務がとりわけ多い商社の業務に対応できる人材を育成するために、若手担当職社員を対象に、「海外語学研修生制度」を設けています。同制度では、海外の大学や語学教育機関で約6カ月間語学を学んだ後、海外グループ会社において、駐在員の指導を受けながら、さらに最長1年間の実務研修を積みます。語学はもちろん、現地の文化・風土や商習慣にも習熟するプログラムで、社員のキャリア開発やジョブローテーションの活性化にも役立っています。

海外語学研修生の派遣国と派遣者数(豊田通商 単体)

2018年度 派遣国:フランス1名 ロシア1名 ヨルダン1名(合計3名)

2019年度 派遣国:フランス1名(合計1名)

従業員の能力開発研修に充てられた時間総計/従業員一人当たりの平均研修時間(2019年度実績)
総計時間(H) 受講者数(人) 1人当たり平均研修時間(H/年)
人材開発 関連研修 78,753 H 3,439 人 22.9 H/年
組織開発 関連研修 34,328 H 2,837 人 12.1 H/年
合計 35.0 H/年