事業紹介

化学品・エレクトロニクス

事業について

化学品・エレクトロニクス本部は、自動車材料、化学品、エレクトロニクスの3分野で事業を行っており、素材・材料・部品を軸に築いた幅広いネットワークと知見を強みとしています。これらの強みと新技術を掛け合わせながら、①新たなモビリティ社会の実現に向けた取り組み、②環境への負担を軽減する脱炭素・循環型ビジネス、③生活の基盤に貢献するビジネスに注力し、本部一体となって事業拡大を推進しています。

自動車材料分野では、自動車用の樹脂・ゴムなどの製造・販売に加え、車載電池向けなどの部材・部品の供給をグローバルネットワークを通じて展開しています。基盤事業で培った当社の機能を新地域・新市場で横展開するとともに、次世代自動車への素材・部材の提案を通じて、自動車の技術変革に対応していきます。

化学品分野では、快適な暮らしを支える洗剤、衛生用品、包装材料などの化学製品を幅広く取り扱い、強力な販売ネットワークを生かしてビジネスのさらなる拡大を目指しています。また、重要な資源の一つであるヨードの生産・販売においては、化合物製造販売などバリューチェーンの強化にも積極的に取り組んでいます。世界市場で高いシェアを有する特徴ある事業をより強化、拡大させるとともに、世界的な課題であるプラスチック資源のリサイクルや植物由来のバイオプラスチックの取り扱いを推進するなど、新たな事業の確立に向け取り組んでいます。

エレクトロニクス分野では、日本最大の電子デバイス商社グループとして、自動車や産業機器などに組み込まれる電子部品やソフトウェアを幅広く取り扱っています。自動車産業の変化と技術の変化を先取りし、HEV、PHEV、BEV、FCEVなどの環境対応車向け技術開発、自動車の知能化・情報化を見据えた「つながるクルマ」向けデバイス・サービスの開発、自動運転社会に対応する高度なインフラの整備、新サービスの開発・事業化に積極的に取り組んでいます。また、さまざまな人とモノをつなぐネットワーク事業をグローバルに展開するとともに、有力な関連会社群のノウハウ・機能を拡充・集約し、国内外で各事業の強化を進めていきます。

ヨード生産プラント(チリ)
電子デバイス事業
主な事業内容
自動車材料 原材料の調達・加工・販売・物流・成型までの一貫した機能とお客さまに寄り添った技術提供をグローバルに展開
化学品 洗剤原料・衛生材料・包装材料・溶剤・ヨード・ファインケミカルなど幅広い商品の製造・販売とその製造事業運営、業界をリードするバイオプラスチック取扱/プラスチックリサイクル事業の推進
エレクトロニクス 自動車・家電・情報通信機器・産業機器などに組み込まれるエレクトロニクス部品の販売、ソフトウェアの開発と販売、情報通信技術(ICT)サービスのグローバル展開
関連リンク

価値創造事業

自動車材料分野の取り組み

化学品分野の取り組み

エレクトロニクス分野の取り組み

POINT
  1. 1自動車産業の「100年に一度」といわれる構造変革に対応するために、自動車材料分野では、幅広い知見を強みに製品開発・設計から生産まで一貫した機能とお客さまに寄り添った技術を提供。エレクトロニクス分野では、最先端技術の半導体、組み込みソフトウェア技術を強みとした製品の販売、モジュール製品の設計開発およびMaaS事業に取り組んでいます。
  2. 2社会と共に持続的に成長し続けることを目指し、脱炭素・循環型ビジネスへの取り組みを加速しています。化学品分野では、業界をリードするバイオプラスチック取り扱い/プラスチックリサイクル事業を推進。エレクトロニクス分野では自動車の電動化に対応し、パワー半導体およびエンジニアリング機能強化に取り組んでいます。

2022年3月期の取り組み

脱炭素社会移行への貢献を目的に、車載用リチウム電池の生産を行う合弁会社Toyota Battery Manufacturing, North Carolinaを、2021年11月に設立しました。2025年の稼働開始に向けて準備を進めていきます。

事業関連サイト

プロジェクトストーリー