ケニアで新車種「ハイラックス」のノックダウン生産を開始

豊田通商株式会社(以下、豊田通商)は、第7回アフリカ開発会議(TICAD7)において、ケニア政府と締結したMOU※1に基づき、ケニアで新たにトヨタ車のピックアップトラック「ハイラックス」のノックダウン(車両組み立て)生産を10月25日から開始します。

豊田通商はこれまで、ケニアで「ランドクルーザー」および「日野トラック」を、委託先であるAssociated Vehicle Assemblers Ltd. (AVA)でノックダウン生産し、ケニア国内で販売しています。このたび生産ラインを拡充し、新たに「ハイラックス」を生産ラインアップに追加します。「ハイラックス」の生産台数は年間約1,200台を計画しています。

豊田通商は、2019年1月にトヨタ自動車株式会社からのアフリカにおける営業業務の全面移管を受け、アフリカでの取り組みを一層強化しています。当社は、自動車の現地生産を通じてアフリカの産業化への貢献を目指します。今後、ケニアでのノックダウン生産を拡大するとともに、他国への展開も検討していきます。

なお、10月18日現地時間午前11時(日本時間午後5時)から、ケニア・モンバサの組立工場においてケニア政府要人らの出席のもと、ラインオフ式を行います。

※1 「ケニア・ビッグ4アジェンダ実現に向けた協業に関する包括MOU」
ケニア政府と自動車政策への提言を含む、旗艦プロジェクトの実施を推進しています。

ノックダウン生産を開始するトヨタ・ハイラックス

AVA組み立て生産ライン
(写真はランドクルーザー)

戻る