長崎県五島列島で医療用医薬品のドローン配送事業を開始
~離島間の長距離定期物流網の構築による社会課題解決への貢献を目指す~

豊田通商株式会社(以下:豊田通商)は、グループ会社「そらいいな株式会社」(以下、そらいいな)を設立し、長崎県五島列島で医療用医薬品のドローン配送事業を開始します。

このたび、そらいいなの発着拠点が五島市福江島に完成し、4月21日に竣工式を行いました。

本事業では、協業先である米国・Zipline International Inc.(以下、ジップライン社)の技術・機体(固定翼)を用います。同社が自社以外の企業に技術提供するのは、今回が初めてのケースとなります。

1. 背景

日本では、撮影・農薬散布・インフラ点検などの分野でドローンの利用が急速に普及しています。物流分野でも、新たな産業・サービスの創出や生活の利便性向上を目的とした社会実装が期待されています。また、2022年12月には「有人地帯上空での補助者なし目視外飛行」(レベル4飛行)に向けた法改正が施行される予定であり、ドローンの利活用拡大を図るための環境整備も進んでいます。

豊田通商は、2018年6月にドローン物流領域における協業推進を目的としてジップライン社に出資して以降、ガーナでの協業などを推進してきました。さらに2021年3月には、日本市場でのドローン物流サービスの社会実装を目的とした戦略業務提携を締結、具体的な取り組みを検討してきました。

2. 本事業の概要

「そらいいな」の物流網構想(開設済:赤、計画:黒)

そらいいなは、五島市に拠点を置く医薬品卸会社3社※1と長期の実証契約を締結し、五島列島の医療機関・薬局へ医療用医薬品を配送します。

配送地域は、奈留島への定期運航からスタートし、福江島西部、市内各島、新上五島町などへ徐々に配送先を増やす予定です。

今後、レベル3飛行でのオペレーション実績を積み、将来的にはレベル4飛行を目指します。

また本事業は、一般財団法人環境優良車普及機構による「令和2年度 社会変革と物流脱炭素化を同時実現する先進技術導入促進事業のうち過疎地域等における無人航空機を活用した物流実用化事業(環境省補助事業(国土交通省連携事業))」に採択されており、五島市の「スマートアイランド」への取り組みの一環となる、同市とそらいいな、豊田通商との共同事業になります。

豊田通商グループは、地域の方々と共に本事業を推進し、医療用医薬品のドローン配送事業を通じて、人手不足や物流課題、医療アクセスの格差といった過疎地・離島および二次離島における社会課題の解決に貢献し、人々の生活をより快適に豊かにすることを目指します。

そらいいな 概要

会社名
そらいいな株式会社
所在地
長崎県五島市下大津町
設立
2021年4月
代表者
代表取締役 松山ミッシェル実香
株主構成
豊田通商 100%
事業概要
ドローンによる物流サービス
サイト https://www.sora-iina.com/

<社会課題の解決と会社の成長を両立する最重要課題>




※1 東七株式会社 https://www.toshichi.net/
   株式会社翔薬 https://www.shoyaku.com/
   株式会社宮崎温仙堂商店 http://www.shinyoforest.co.jp/


<当社のこれまでの取り組み>

・2021年3月31日発表:日本市場でのZipline International Inc.との戦略業務提携
URL https://www.toyota-tsusho.com/press/detail/210330_004791.html

・2019年5月20日発表:米国・Zipline International Inc.に出資
URL https://www.toyota-tsusho.com/press/detail/190520_004377.html

戻る