東邦ガスとのカーボンニュートラル実現に向けた協業について
~産業・モビリティへの水素・バイオガスなどの利用拡大~

豊田通商株式会社(以下、豊田通商)は、東邦ガス株式会社(以下、東邦ガス)と中部地区におけるカーボンニュートラルを推進するための相互補完的なパートナーシップに関する覚書を締結しました。

日本政府は、温室効果ガス(Greenhouse Gas、以下GHG)を2030年までに2013年比46%削減、2050年までにカーボンニュートラルを実現することを表明し、骨太の方針の中で、成長を生み出す原動力として、グリーン社会の実現を掲げて、さまざまな政策を推進しています。

豊田通商は、2021年4月に、全社横断組織となるカーボンニュートラル推進タスクフォースを設立し、また7月には、脱炭素社会実現に向けた定量目標として、GHGを2030年に2019年比50%削減、2050年には実質カーボンニュートラルを実現する目標を公表しました。

このような背景のもと、豊田通商と東邦ガスは、双方が有する経営資源やノウハウを活用することで、中部地区のカーボンニュートラル化に貢献するための協業を開始します。今回の東邦ガスとの協業では、2050年のカーボンニュートラル実現を目指し、お客さまのカーボンニュートラル化に向けたニーズ把握や産業・モビリティへの水素やバイオガスなどの利用拡大を通じて、カーボンニュートラルに資するガスエネルギーのバリューチェーンの構築を共同で推進する予定です。

豊田通商グループは、未来の子供たちへより良い地球環境を届けるために、GHGの削減に資する事業を積極的に推進することで、脱炭素社会への移行に貢献していきます。

東邦ガス株式会社 概要

会社名
東邦ガス株式会社
所在地
愛知県名古屋市熱田区桜田町19番18号
設立
1922年6月26日
資本金
330億7,200万円
従業員数
2,764人(連結6,198人)
代表者
代表取締役社長 増田 信之
事業概要
ガス事業、熱供給事業、電気供給事業、天然ガスなどのエネルギー資源の採取、売買、液化天然ガス・液化石油ガス・液化炭酸ガスなどの高圧ガスの製造、輸送、販売など



<ご参考> 直近のカーボンニュートラル関連の発表
・2021年7月8日発表:脱炭素社会実現に向け、温室効果ガス排出量削減の取り組みを加速
 https://www.toyota-tsusho.com/press/detail/210708_004861.html
・2021年4月1日発表:カーボンニュートラル推進タスクフォースを設立
 https://www.toyota-tsusho.com/press/detail/210401_004795.html

戻る