米国で、再生可能天然ガスの製造・販売を行うMerced Pipeline社に出資
~水素製造のバリューチェーン構築により、脱炭素社会への移行に貢献~

豊田通商アメリカ(Toyota Tsusho America, Inc.、以下、TAI)は、米国カリフォルニア州(以下、CA州)で、再生可能天然ガス(Renewable Natural Gas、以下、RNG)の製造・販売を行うMerced Pipeline LLC(以下、Merced Pipeline社)に、2021年4月に出資しました。2022年初旬の商用化に向け2021年7月下旬に生産・試運転が開始予定です。

1.背景

パリ協定に復帰した米国は、2030年までに温室効果ガス(Greenhouse Gas、以下、GHG)を2005年比で50~52%削減、2050年までにカーボンニュートラル実現を掲げています。事業セクター別でGHG排出割合をみると、港湾を含む輸送業が29%※1、農畜産業が10%※1を占めるなど、各分野でGHG削減とエネルギーの利活用が求められています。

GHG排出による公害問題を抱えるCA州では、ロサンゼルス港(LA港)・ロングビーチ港(LB港)が進める2030年までの港湾荷役機械ゼロエミッション化計画や、酪農エリアでのRNG事業を促進させる炭素クレジット制度※2など、州政府の積極的な規制改革・支援のもと、環境負荷低減に向けた取り組みが推進されています。

2.Merced Pipeline社について

Merced Pipeline社は、CA州内の15社の牧畜業者と提携しており、家畜ふん尿から発生するバイオガスを大気放出前に収集し、メタンガスに精製し、既存の天然ガスのパイプラインを介して、RNGとして供給する事業を行っています。水素製造においても、RNGなどのガス由来は製造効率も良く、有力な手法として活用されています。

3.出資の目的

TAIは、Merced Pipeline社への出資を通じて、RNG由来の水素の地産地消のバリューチェーン構築を目指すとともに、2020年9月よりLA港で開始している港湾荷役機械動力源の水素燃料電池化(FC化)の取り組みとのシナジー創出を図るなど、港湾のゼロエミッション化を積極的に推進していく計画です。

本事業は、GHG排出という農畜産業・輸送業が抱える共通の課題の解決を図るとともに、現地のサーキュラーエコノミー(循環型経済)にも貢献する取り組みです。

豊田通商グループは、産業ライフサイクルを通じてGHG削減に貢献する事業を加速し、カーボンニュートラルへの取り組みを推進することで、脱炭素社会への移行に貢献していきます。

Merced Pipeline LLC 概要

会社名
Merced Pipeline LLC(マーセドパイプライン)
所在地
米国カルフォルニア州
設立
2018年3月
出資者
Maas Energy Works, Inc.、Toyota Tsusho America, Inc.
代表者
Agent, DARYL MAAS(デリル マース)
事業概要
再生可能天然ガス製造・販売

家畜ふん尿由来RNG製造・供給バリューチェーンイメージ





※1 出典:United States Environmental Protection Agency
https://www.epa.gov/ghgemissions/inventory-us-greenhouse-gas-emissions-and-sinks

※2 カリフォルニア州の炭素クレジット制度(Low Carbon Fuel Standard)
自動車用燃料源を対象にGHGの排出削減量や吸収量を 「クレジット」として認証する制度
https://ww2.arb.ca.gov/our-work/programs/low-carbon-fuel-standard

参考リンク
・2020年10月14日発表:米国LA港で、大型港湾機材のFC化に向けた水素の地産地消モデルの実現可能性調査を開始
https://www.toyota-tsusho.com/press/detail/201014_004695.html

戻る