豊田通商アメリカ と 米・リサイクル大手Alter社 による アルミリサイクル事業の合弁会社が稼働開始
~米国でのアルミスクラップの再資源化により、循環型社会の実現に貢献~

豊田通商株式会社の海外子会社である豊田通商アメリカ(Toyota Tsusho America Inc.以下、TAI)と、Alter Trading Corporation(オルター・トレーディング・コーポレーション、以下、オルター社)との提携により米国に設立した、アルミリサイクル事業会社Altech Recycling LLC(アルテック・リサイクリング・LLC、以下、アルテック・リサイクリング社)が、2021年9月に稼働開始しました。

1. 背景

世界的なカーボンニュートラル実現への動きの中、BEV(電気自動車)をはじめとする電動車の普及は加速し、それに伴い軽量化に必要となるアルミ部品の需要が高まっています。また、環境への配慮から、アルミスクラップの再資源化によるアルミ二次合金の需要の増加も見込まれています。

北米地域内で発生するアルミスクラップについても、アルミスクラップの輸出大国である米国では、輸出先各国で強化される輸入規制に則したアルミスクラップの高品質化や、米国内での再資源化による有効活用が求められています。

2. アルテック・リサイクリングの取り組み

豊田通商アメリカは、アルミバリューチェーン強化を目的とした川上事業参入のため、オルタ―社と共にアルテック・リサイクリング社を設立し、アルミリサイクル事業を推進します。同社では、オルター社や他のシュレッダー事業者から回収したシュレッダー後のミックスメタル(Zorba以下、ゾルバ)を選別・加工し、「Twitch(以下、トウィッチ)」と呼ばれる高品質なアルミスクラップを生産します。それぞれの非鉄金属の比重差を利用した重液選別と洗浄・乾燥の工程を経てできるトウィッチ は、アルミ二次合金原料として、市場の需要に応じて米国内およびグローバルに販売します。また、付随して生産される「Heavy(ヘビー)」と呼ばれる、銅、亜鉛などの非鉄重金属も販売していく予定です。 

ゾルバからトウィッチに選別・加工し、アルミ二次合金原料として再資源化



豊田通商グループは、中期経営計画において、廃棄物を再資源化し生産につなげる「循環型静脈事業」を4つの重点分野の1つとして位置づけ、成長戦略を推進しています。本事業による北米でのアルミバリューチェーンの強化を通じて、循環型静脈事業のさらなる推進と、サーキュラーエコノミー(循環型経済)およびカーボンニュートラル実現への貢献を目指します。

アルテック・リサイクリング社概要

会社名
Altech Recycling LLC
所在地
アメリカ合衆国アーカンソー州ノース・リトル・ロック
設立
20203
操業開始
20219
代表者
President  David Klein(デイビッド クレイン)
事業概要
シュレッダー処理で生成されるミックスメタル(ゾルバ)の選別・加工
従業員
25名(20217月時点)

戻る