ヨルダン・ハシェミット王国向けザイ給水システム改良計画を受注
~安定給水と温室効果ガス削減に貢献~

豊田通商株式会社(以下、豊田通商)は、日本政府の無償資金協力※(ODA:政府開発援助)によるヨルダン・ハシェミット王国(以下、ヨルダン)向け「ザイ給水システム改良計画」を2021年6月に受注しました。

1. 背景

ヨルダンは水資源が限られている国の一つですが、人口増加により水需要が増加し、深刻な水不足が生じています。ザイ浄水場からの給水量は、ヨルダンの首都・アンマン都市圏の約70%を支えていますが、建設から30年以上が経過する機材・設備は劣化が著しく、給水機能の低下が課題となっています。また、浄水処理前の原水を揚水するシステムは、ヨルダン全体の発電量の約15%を消費しており、機材などの更新による運転効率の改善が必要となっています。

2. プロジェクト概要

本プロジェクトは、ヨルダンにおける水資源の課題を解決するために、ザイ給水システムの劣化した設備や機材を更新・改良することで、エネルギー効率化と運転費用の削減を実現し、安定給水を図るものです。豊田通商と株式会社 荏原製作所によるコンソーシアムが受注し、2023年5月の機材引き渡しに向けて、プロジェクトを進めていく計画です。

プロジェクト名
ザイ給水システム改良計画
場所
バルカ県ザイ地区(浄水場)およびディルアラ地区(取水地点およびポンプ場)
コンソーシアム名
Joint Venture of Toyota Tsusho Corporation and EBARA Corporation
契約期間
2021年 6月15日(調印式) ~ 2023年5月31日(完工予定)
供与上限額
23.79億円
更新機器
取水ポンプ3台、原水ポンプ12台、送水ポンプ3台、電動機15台など



豊田通商は、開発途上国において、事業を通じて生活基盤の整備や産業振興・雇用創出などの現地の社会課題解決に取り組んでいきます。

豊田通商は、本プロジェクトを通じて、国際連合が定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」の目標6「安全な水とトイレを世界中に」と、目標11「住み続けられるまちづくりを」の達成に貢献していきます。





駐日ヨルダン大使との調印式にて 左から藤澤一人氏(荏原製作所)、永井康裕 機械・エネルギー・プラントプロジェクト本部CEO(豊田通商)、リーナ アンナーブ氏(駐日ヨルダン大使)、窪崎喜方氏(株式会社TECインターナショナル)

※ 無償資金協力(ODA:政府開発援助)
無償資金協力とは、開発途上国等に資金を贈与する援助形態であり、開発途上国が経済社会開発のために必要な資機材、設備及びサービスを購入するために必要な資金を贈与するもの

戻る