中東地域でのコネクティッドサービス事業の展開拡大に向け、 トヨタコネクティッドとの協業を強化
~モビリティ向けコネクティッドサービス事業を手掛ける、TOYOTA Connected Middle East FZCO.へ増資~

豊田通商株式会社(以下、豊田通商)は、中東地域でモビリティ向けコネクティッドサービス事業を手掛けるTOYOTA Connected Middle East FZCO.(以下、TCME) の第三者割当増資を引き受け、約2.5億円を増資し、同社株式の51%を取得するとともに、2月1日付をもって社名を「Toyota Tsusho Connected Middle East FZCO.(以下、TTCME)」へ変更しました。

1.背景

モビリティ分野におけるサービス市場の拡大とニーズの多様化に伴い、それらを支えるコネクティッドサービスに必要な基盤整備と事業開発の重要性が、グローバルに高まっています。一方で、ライドシェアや物流事業者向けのコネクティッドサービス事業の展開には、現地事業者と連携しながら、地域ごと・事業者ごとの事情やニーズを反映したシステム開発とサービス設計が必要となります。

2.出資の目的

豊田通商は、中東地域において、リモート空調コントロールやコネクティッドサービスに対応したカーナビゲーション(Google POI※1検索機能を含む)といった現地ニーズを反映した製品・サービスの企画開発に、10年以上の実績を有します。また、協業先であるトヨタコネクティッドは、2013年に豊田通商と共同でTCMEを設立以来、中東地域でのコネクティッドサービスの提供や顧客管理・運用サポートを行っています。 この度、トヨタコネクティッドのシステム開発・運用ノウハウと豊田通商の現地営業体制・販売ノウハウを生かした協業をより発展させるため、TCMEに増資をするに至りました。

今後は、個人向けサービスの提供支援に加えて、企業が保有する車両や物流事業者・ライドシェア事業者の車両を対象としたサービス(フリートマネジメント※2を含む)の拡充を進めていきます。また、2020年1月にシンガポールに設立したコネクティッドサービスR&D拠点であるToyota Tsusho Mobility Informatics Pte. Ltd.と連携することにより、中東地域の車両販売代理店、および物流やライドシェア事業者向けの新規サービスの開発も予定しています。

※1 Google POI:Google Point of Interestの略。主要なスポットのアイコンと説明が表示されるGoogle Maps Platformの機能。

※2フリートマネジメント:商用利用する車両向けにロケーション管理、走行履歴、車両情報など車両動態管理や運行管理ができるサービスのこと。

新会社概要

会社名 Toyota Tsusho Connected Middle East FZCO.(略称TTCME)
会社ロゴ
本社 UAE ドバイ
設立 2013年(TOYOTA Connected Middle East FZCO.の設立年)
事業概要 モビリティ向けコネクティッドサービス事業
従業員 10名(2021年2月時点)
役員 Manish Malhotra  (President & CEO)
松山 喜典      (Chief Operation Officer)
山田 竜彦      (Director)
出資比率
※出資後の比率は、太字で記載

トヨタコネクティッド株式会社 :90% ⇒ 49%
豊田通商株式会社 :10% ⇒ 51%

サービス提供イメージ

戻る