ケニアでバス運行管理システムを開発・提供するData Integrated社へ投資
~アフリカの公共交通のデジタル化を促進~

豊田通商株式会社(以下、豊田通商)とグループ会社のCFAO SAS(以下、CFAO)は、2019年10月に共同で設立したMobility 54 Investment SAS(以下、モビリティ54)を通じて、ケニアでバス交通事業者向けの運行管理システムを開発・提供するData Integrated Limited(データ・インテグレイテッド・リミテッド:以下、DIL)へ投資しました。

1. 背景

ケニアでは、約3万台の「マタツ」と呼ばれる乗り合いバスが古くより市民の移動手段として普及しており、首都ナイロビでは通勤者の約50%がマタツを利用していると言われています。バスのオーナーは主に個人事業主で、マタツ運行組合に所属していますが、それぞれ個別に運転手と運行従事者*を雇いバス事業を営んでいます。そのため、バスごとの運行情報が整理されておらず、乗客にとっては、目的地に向けていつどのバスに乗ればよいかなどの基本的な情報が不透明です。また、現場の運行従事者が運賃や収益を管理しているため、オーナーにとっては、日々の乗客数や収益情報も不透明であり、顧客サービスの改善や車両入れ替え・メンテナンス時期の判断が難しいなどの課題が生じています。

*運行従事者とは、バス乗り場で乗客への乗車誘導や、運賃の回収・管理を行う人

2. DILについて

DILは、ナイロビを中心に、マタツ運行組合のもとで使用されている約3,000台のバスに対して運行管理システム、発券システムを開発・提供しているスタートアップです。地場の運行業者との緊密な連携が求められる同事業領域で、現場と向き合いながら事業者側の課題解決のためのシステムを開発し、運行情報と乗車情報を整流化することで、バス事業管理の品質向上に寄与しています。

また、ケニアでは新型コロナウイルス感染症の感染防止策として、公共交通機関でのキャッシュレスシステムの導入が義務化される予定です。これを受け、政府から公式に指名を受けたDILは自らの事業者ネットワークを活用し、バスのキャッシュレスシステムの導入と、乗客向けのバス検索・予約・決済アプリの配信を開始し、政府と連携した衛生的なバスサービス運営に貢献しています。

3. アフリカのモビリティ社会課題解決に向けて

豊田通商グループは、これまで主に車両とアフターサービスの提供というハード面で、アフリカでのモビリティ事業に取り組んできました。このたびのDILへの投資は、MaaS/CASE事業といったソフト面での取り組みを加速するものになります。ソフト/ハード両面での取り組みを通じて、より包括的にアフリカのモビリティ社会に関わり、今後も現地の課題解決に取り組んでいきます。

ケニアの主要な通勤手段である乗り合いバス「マタツ」 「マタツ」乗り場の様子

マタツ事業相関図とDILが提供するサービス

Data Integrated Limited 概要

会社名
Data Integrated Limited
所在地
ケニア・ナイロビ市
代表者
Founder & CEO: Ms. Mary Mwangi
(メアリー・ムワンギ)
設立
2012年
事業内容
ケニアでの交通事業者向けシステム開発・販売事業

モビリティ54概要

会社名
Mobility 54 Investment SAS
所在地
フランス・セーブル市
株主構成
豊田通商 70%、CFAO 30%
代表者
President & CEO 渡邊 剛
設立
2019年10月
事業内容
アフリカ向けスタートアップ企業などへの出資・融資
豊田通商・CFAOグループ事業とのシナジー創出

戻る