アフリカの中間層市場の拡大を見据え、トヨタの小型車販売を強化
~スズキとのアフリカ協業のファーストステップ~

豊田通商株式会社(以下、豊田通商)は、スズキ株式会社(以下、スズキ)よりインド製小型乗用車のOEM供給を受け、トヨタブランド「トヨタ・スターレット」としてアフリカ市場で販売を開始します。本年9月中旬から南アフリカでの販売を皮切りに、順次アフリカ47カ国へ販売を広げていきます。

豊田通商は、2019年1月にトヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ自動車)から、アフリカでの営業業務の全面移管を受けています。今回のスズキからのOEM供給は、2019年3月のトヨタ自動車とスズキ間の合意に基づくものです。

近い将来アフリカで中間所得層が拡大することを見据え、豊田通商は、アフリカ全土のトヨタブランドの販売チャネルを生かした小型車の販売とアフターサービスの強化を図っていきます。このたびのトヨタ・スターレットの販売のみならず、今後もスズキと連携し、幅広いお客さまのニーズに応えるために、SUVやセダンなど各種ボデータイプの小型車ラインナップの拡充を予定しています。

豊田通商は、トヨタ車のアフリカ市場での販売力強化に向け、今後もスズキとの協業を深めるとともに、アフリカの皆さまに高品質でアフォーダブルな小型車とサービスの提供を通じて、アフリカのモビリティ社会の発展に貢献していきます。

トヨタ・スターレット(アフリカ販売モデル)諸元

全長(mm)
3,995
全幅(mm)
1,745
全高(mm)
1,470
乗車定員(名)
5
エンジン
K14B
排気量(cc)
1,373
最高出力(kW/rpm) 68/6,000
最大トルク(Nm/rpm)
130/4,200
トランスミッション 4速AT、5速MT

戻る