アフリカでの新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた支援を実施
~命を支えるために走るトヨタ車へのメンテナンス部品、医療物資などを提供~

豊田通商株式会社(以下、豊田通商)とグループ会社のCFAO SAS(以下、CFAO)は、アフリカにおいて新型コロナウイルス感染症が拡大している中、現地で活動する国連機関ならびに各国政府・公的機関に対して、トヨタ車のメンテナンス部品、フェイスシールド、消毒用アルコール、食料品などの提供・支援を行います。

本取り組みは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために、日夜ご尽力されている医療従事者や政府・自治体などの皆さまに対し、トヨタグループが力を合わせて支援する取り組み「ココロハコブプロジェクト」※の一つです。

欧米各国では新型コロナウイルス感染症が徐々に収束していく一方で、現在、アフリカ地域では感染が拡大しており、今後、同地域における深刻な経済停滞に加えて、医療環境や食料問題の悪化が懸念されます。

豊田通商グループは、アフリカに深く根差し、アフリカの人々と共に成長する長期的な視点を持ち、 同地域で事業を展開する「WITH AFRICA FOR AFRICA」を理念としています。この理念の下、 新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた下記の支援を実施していきます。

■支援活動の概要

支援内容支援先協力状況
・トヨタ車のメンテナンス部品の提供 (期間:1年間)
・フェイスシールド
・国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)ほか

トヨタグループ

7月開始
予定
・車両無償リース
・車両メンテナンス部品
・衛生用マスク
・消毒用アルコール
・食料品

・各国政府・地方自治体
・医療機関
・公共交通機関
各国トヨタ代理店
CFAO現地法人
開始済み


豊田通商とCFAOは、トヨタ自動車株式会社の協力の下、支援先となる国連機関が保有するトヨタ・ランドクルーザーを対象に、車両メンテナンス部品を今後1年間にわたり無償提供していく他、トヨタグループにて製造のフェイスシールドを提供していきます。またアフリカ各国のトヨタ代理店と連携して、各国政府・自治体などに対しても車両無償リースやメンテナンス部品供給をする他、コートジボワール、コンゴ共和国においては、保有する多目的工場、ビール工場の機能を活用し、消毒用アルコールの生産と提供を実施しています。

豊田通商グループは、今後もグローバルなネットワークやリソースを活用して、新型コロナウイルス感染拡大防止に貢献してまいります。

「ココロハコブプロジェクト」とは、東日本大震災の被災地を支援するために、全国から「心を運ぶ」という気持ちを込めて、 トヨタ自動車、トヨタ販売店及びその従業員が、継続的かつ長期的に実施してきた支援活動の総称です。今回は、 新型コロナウイルス感染症で闘病中の方、日夜奮闘されている医療従事者・政府・自治体関係者の皆様に対して、何か貢献できないかとの思いから、トヨタグループが力を合わせて取り組む支援活動の総称を「ココロハコブプロジェクト」といたしました。

<参考> アフリカでの新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた活動事例

戻る