豊田通商、国内の全事業所における使用電力の実質100%再エネ化を実現

豊田通商株式会社(以下、豊田通商)は、このたび、国内全ての事業所で使用する電力の全量を、実質的に再生可能エネルギー電力にしました。具体的には、再生可能エネルギー発電由来のJ-クレジットを活用し、2019年1月以降の、11都道府県18カ所の事業所の使用電力をCO2フリーにすることにより、実質100%の再エネ化を実現しました。

豊田通商は、昨今の国際社会の動向を踏まえ、経営戦略に基づいて注力していく社会課題を明確にするため、意識すべきサステナビリティ重要課題(マテリアリティ)を2018年3月に特定しました。このたびの取り組みは、サステナビリティ重要課題の一つとして掲げる「クリーンエネルギーや革新的技術を活用し、自動車/工場・プラントCO2を削減することで、低炭素社会移行に貢献」に向けた活動の一環です。

豊田通商は、今後、J-クレジットによる実質再エネ化の取り組みに加え、自社およびグループ会社の再生可能エネルギーも活用したCO2削減を推進し、低炭素社会への移行に貢献していきます。

当社のサステナビリティ重要課題の取り組みの詳細は、以下WEBページをご覧ください。
https://www.toyota-tsusho.com/csr/

※J-クレジット:再生可能エネルギーの活用などの取り組みによる、CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証する制度です。

■ 対象事業所

事業所名所在地
名古屋本社(センチュリー豊田ビル)
愛知県名古屋市
名古屋本社(シンフォニー豊田ビル)
愛知県名古屋市
東京本社
東京都港区
大阪支店
大阪府大阪市
浜松支店
静岡県浜松市
豊田支店 愛知県豊田市
北海道支店 北海道苫小牧市
北海道支店札幌分室 北海道札幌市
東北支店 宮城県仙台市
新潟支店 新潟県新潟市
北陸支店 富山県富山市
広島支店 広島県広島市
九州支店 福岡県福岡市
三島営業所 静岡県三島市
四国営業所 香川県高松市
三好出張所 愛知県みよし市
知多出張所 愛知県東海市
桜通出張所 愛知県名古屋市

戻る