世界で独自のコイル製法を開発したアスター社に出資
~低環境負荷社会への貢献を目指す~

豊田通商株式会社(以下、豊田通商)は、革新的モーターコイルであるASTコイル※1技術を保有する株式会社アスター(代表取締役社長:本郷 武延、本社:秋田県横手市、以下、アスター)の第三者割当増資を引き受け、2019年6月に同社に出資しました。

1.背景

電動化の進展によりモーターの利用が広がっている現在、モーターを効率よく駆動させるためのエネルギーの効率化が課題となっています。この課題を解決するため、アスターは従来の巻線コイルにはない、形に自由度をもたせた成形を特徴とするASTコイル技術を開発しました。ASTコイル技術が開発されたことで、モーター内の導体占積率※2を飛躍的に向上させることが可能となりました。これにより、顧客にとって従来の技術の延長線上では対応が難しかった、高出力化・小型化・低抵抗化による高効率のモーター設計を実現することができるようになりました。

2.出資の目的

豊田通商は、重点分野であるネクストモビリティ戦略の一つとして「電動化の加速への対応」を進めています。今回のアスターへの出資により、ASTコイルの本格的な事業化支援を通じて、低環境負荷社会への貢献を目指します。また、次世代車載モーターへの搭載を実現することで、モビリティをはじめとした電動化の主要部品である高性能なモーターの安定供給を進め、さらには産業用モーターへの用途展開を進めていきます。

なお、アスターは、ASTコイルの量産体制を整えるため、2019年6月に秋田県横手市に新工場を設立し、ASTコイルの量産体制構築に取り組んでいます。

本件は、豊田通商の社内ファンド「ネクストテクノロジーファンド」の案件となります。

※1 ASTコイル = アスターコイル
※2 コイルの断面積に占める導体の割合のこと

従来コイルとASTコイルの違い


※図はアスター社HPより引用

アスター社について

[アスター 会社概要]

社名
株式会社アスター
代表者
代表取締役 本郷 武延
設立
2010年1月
所在地
秋田県横手市柳田12-3
事業概要
・自動車関連部品製造販売
・産業機械装置の開発・製造販売
・医療機器の製造
・LED照明機器の開発・製造販売
・融雪シートの開発・製造販売
従業員数
96名
資本金
9,000万円

戻る