エジプト初の風力発電IPP事業で竣工式開催
~クリーンで低価格な電気で同国の再生可能エネルギー普及に貢献~

豊田通商株式会社(以下、豊田通商)と株式会社ユーラスエナジーホールディングス(以下、ユーラスエナジー)が、エジプト・アラブ共和国で建設を進めていた262.5MWの風力発電所が10月31日より商業運転を開始し、12月5日にエジプト・カイロにて竣工式を開催しました。

本事業は、同国の風力発電では初めてのIPP事業となります。豊田通商とユーラスエナジーのほか、仏Engie S.A. (エンジー)および埃Orascom Construction S.A.E. (オラスコム・コンストラクション)の4社で設立した事業会社Ras Ghareb Wind Energy S.A.E.(ラス・ガレブ・ウインド・エナジー)は、今後20年間にわたり発電所を保有、運営し、エジプト送電公社向けに売電していきます。

豊田通商とユーラスエナジーは、本発電所の完成を足掛かりに、クリーンで低価格な同国の再生可能エネルギーの普及に貢献するとともに、今後も風力発電事業の拡大を目指します。また、アフリカ地域でのさらなる再生可能エネルギー事業の展開を図っていきます。

風力発電所概要

所在地
エジプト・アラブ共和国 ガルフ・エル・ゼイト地区
発電規模
262.5MW(2.1MW x 125基)
事業会社
Ras Ghareb Wind Energy S.A.E.(ラス・ガレブ・ウインド・エナジー)
出資構成
・豊田通商グループ 40%(豊田通商 30%、ユーラスエナジー 10%)
・Engie S.A. 40%
・Orascom Construction S.A.E. 20%
売電先
Egyptian Electricity Transmission Company(エジプト送電公社)
建設開始
2017年12月
商業運転開始
2019年10月

戻る