「からだステーション」がミサワホームのシニア分譲マンションに導入決定
~シニア分譲マンションへの健康管理システム導入は日本初!IoTの活用で入居者の健康長寿を支援~

豊田通商株式会社(以下、豊田通商)が展開する健康管理サービス「からだステーション」が、ミサワホーム株式会社が開発するアクティブシニア向け分譲マンション「LUMISIA(ルミシア)浦安舞浜」の健康管理システムに採用されました。IoTを活用した健康管理システムがシニア分譲マンションに採用されるのは日本初です。

1.導入の背景

高齢化が加速する日本では、日常生活における健康管理や介護予防の重要性がますます高まっています。また、健康維持・増進のためには、個々人の活動量や血圧・体組成データなどの健康データを収集・管理し、健康状態に合わせたサポート・指導を行うことが効果的といわれます。今後、増加が見込まれるシニア分譲マンションでは、入居者となるシニア世代の健康維持・増進をサポートするための健康管理サービスが求められています。

2.「からだステーション」の活用方法

LUMISIA浦安舞浜では、入居者に運動データを計測する専用ウエアラブル端末「Karamo(カラモ)」と専用測定機器(血圧計・体組成計)を提供し、入居者の健康データをタブレット端末で一元管理します。常駐のコンシェルジュや提携先のフィットネスジムのスタッフが、データをもとに、各入居者に合わせた健康指導やカウンセリング、体力測定会や介護予防教室等の運動プログラムを提供する予定です。

入居者が自身の健康状態を把握しながら、友人やスタッフと一緒に楽しく運動を続けられる環境を つくることにより、健康維持・増進をサポートします。また、専用アプリ・ウェブサイト上でのデータ閲覧も可能で、離れて暮らす家族も入居者の健康状況をいつでも見守ることができます。

3.「からだステーション」のサービス概要

「からだステーション」は、①ウエアラブル端末、②血圧計・体組成計などの測定機器、③モバイル 端末をネットワークで結び、ユーザーの運動・身体データの取得・一元管理・「見える化」を実現し、効果的な健康管理をサポートするサービスです。

・からだステーションWEBサイト:https://www.karadastation.com/
・LUMISIA浦安舞浜WEBサイト :https://www.misawa.co.jp/fudosan/mansion/urayasu_project/

豊田通商は、今後も拡大が予想されるシニア分譲マンションへの健康管理サービスの提供を通じて、高齢化社会における健康長寿の促進と安心して暮らせる街づくりの実現に貢献していきます。

からだステーション
利用イメージ
専用ウェアラブル端末「Karamo」
(ストラップホルダー)
LUMISIA浦安舞浜
外観予想CG

戻る