沖縄県・久米島で観光型MaaS事業「久米島Ha:mo」を始動!
~観光モビリティおよびアトラクションとしての超小型EV「COMS」活用により 地域振興と超小型EV普及に貢献~

豊田通商株式会社(以下、豊田通商)は、トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)が展開する、トヨタ車体株式会社製の超小型電気自動車(EV)「COMS(コムス)」を活用したマイクロモビリティシェアリングサービス「Ha:moRIDE(ハーモライド)」を、沖縄県・久米島で、観光型MaaS事業「久米島Ha:mo」として、7月27日からサービス開始します。

1.背景

久米島は、沖縄本島から飛行機で30分ほど西に位置し、海や山などの豊かな自然と、城跡などの歴史に触れられる観光ポイントや、久米紬生産業など多様な観光資源を有し、島としても観光に注力しています。近年、来島者が増加傾向にあるものの、伸び率としては沖縄県全体と比較すると低いことや、観光客の移動手段がハイシーズンには不足する、などの課題もあります。

2.目的

「久米島Ha:mo」は、久米島町役場や久米島観光協会他の協力の下、事業主体となる豊田通商が、地元企業の株式会社イーストレンタカーおよび地元ホテル(リゾートホテル久米アイランド、久米島イーフビーチホテル)と連携して運営します。観光モビリティとしての「COMS」活用により、島内の移動手段不足の解決に寄与するとともに、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社製の専用設計「観光ナビ」による観光情報・コース設定などのサービスを組み合わせることにより、新しい観光アトラクションとしての「COMS」の活用を進め、久米島の観光振興・地域振興に寄与することを目指します。

豊田通商は「ネクストモビリティ戦略」を推進しており、本件ではマイクロモビリティを活用した観光MaaS事業を通じて、さまざまな社会課題の解決につながるサービスの提供を目指します。

なお久米島町は、超小型EVの普及促進を目指す自治体により設立された「次世代モビリティ都市間ネットワーク」にも参加し、各地の自治体と情報共有を図りながら、本件を地域課題の解決に生かすことを目指しています。

3.「久米島Ha:mo」サービス概要

開始時期
2019年7月27日(土)

■「COMS」概要
・全長2,395mm×全幅1,095mm
×全高1,500mm
・最高速度 60km/h
・乗車定員 1名



予約および貸出・返却方法 ■予約
WEBサイトからの予約またはホテル①➁に電話
①リゾートホテル久米アイランド(7/27~)098-985-8001
➁久米島イーフビーチホテル(近日中) 098-985-7111
WEB 

https://kumejima-hamo.resv.jp/

■貸出・返却
ホテル①➁のフロント
※充電ステーションはホテル①➁内に設置
サービス時間
ホテル①➁のフロント対応可能時間
台数
4台
料金
2時間コース:3,000円(税抜き)
5時間コース:8,000円(税抜き)


*マイクロモビリティ・・・自転車や電動バイク、欧州L6カテゴリーに属す小型車両など、軽車両以下の小型の移動体を指す。

久米島Ha:moフライヤー1[PDF形式:2.3 MB]

久米島Ha:moフライヤー2[PDF形式:1.7 MB]

戻る