株式会社ネクスティ エレクトロニクスと半導体製造中止品の継続供給サポートを行うRochester Electronics, LLCが代理店契約を締結

この度、株式会社ネクスティ エレクトロニクス (本店:東京都港区、代表取締役社長:青木 厚、以下「ネクスティ エレクトロニクス」) とRochester Electronics, LLC(日本オフィス:Rochester Electronics, Ltd. 東京都豊島区、日本オフィス代表:藤川 博之、以下「ロチェスターエレクトロニクス」)は、日本市場を対象に、ネクスティ エレクトロニクスを代理店とする代理店契約を締結しました。

代理店契約の背景・目的

半導体製品は、生産開始から一定期間が経過すると製造中止(EOL)や仕様変更などが行われます。この状況に対し、セットメーカーは将来の生産計画に沿って必要量を一括購入するか、もしくは設計変更を余儀なくされます。特に高品質かつ長期間にわたる製造および供給が求められる産業機器、情報通信、オートモーティブといった業界では、1)半導体業界の再編や、2)技術革新による製品サイクルの短縮などにより、製造中止品が増加しています。この製造中止による在庫リスクや開発コストの増加は年々大きな負担となってきており、国内外の半導体メーカー、半導体商社、セットメーカー共に、有益な出口戦略を探っています。

ネクスティ エレクトロニクスは、豊田通商グループのエレクトロニクス事業の中核企業としてエレクトロニクス業界を牽引していくとともに、技術商材を核として産業機械、情報通信、オートモーティブなどの幅広い分野でお客様や世の中のニーズに応え、社会の課題を解決するソリューションを提供しています。

ロチェスターエレクトロニクスは70社以上の主要半導体メーカーから認定された正規販売代理店および製造メーカーとして、製造中止品を含む150億個以上の在庫と、20万種類以上の製品群で、半導体製品の継続供給サービスおよび製造をサポートしています。

本契約締結により、ネクスティ エレクトロニクスとロチェスターエレクトロニクスは両社の強みを生かして高品質かつ長期間にわたる製造及び供給が求められる幅広い分野のセットメーカーに対し、国内外の主要半導体メーカーが製造中止をした後の、半導体製品の継続供給をサポートします。そして、多くのお客様が抱える出口戦略の課題解決につながる新たなソリューションを提案していきます。

会社概要

■株式会社ネクスティ エレクトロニクスについて

商号 株式会社ネクスティ エレクトロニクス
所在地 東京都港区港南2-3-13 品川フロントビル


ネクスティ エレクトロニクスは、先進安全や自動車運転など、市場が拡大しているカーエレクトロニクス分野ではトップクラスの規模でビジネスを展開しています。また、同分野で培った自動運転技術やつながる技術といった最先端技術は、農業機械など周辺の産業にも多く積極的に転用しています。

豊田通商グループの総合力を活かし、エレクトロニクス業界を牽引していくとともに、技術・商材を核として自動車・IoT・産業機器等、幅広い分野でお客様や世の中のニーズに応え、社会の課題を解決するソリューションを提供しています。詳細につきましては、https://www.nexty-ele.com/をご覧ください。

■Rochester Electronics, LLCについて

商号 Rochester Electronics, LLC (本社:米国マサチューセッツ州)
日本オフィス所在地 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60ビル 11階


ロチェスターエレクトロニクスは、70社以上の主要半導体メーカーより認定された、半導体製品を継続供給する業界最大手の正規販売代理店及び製造メーカーです。

主に産業、航空、エネルギー、医療、通信、自動車、軍事や運輸などの主要マーケットに半導体の製造中止品や現行品の継続供給を提供しています。ロチェスターエレクトロニクスでは、オリジナルと同じ形状、適合性そして機能で完全互換の製品を提供するため、ソフトウェアの変更の必要がなく、オリジナル製品の再生産が可能です。150億個以上の製品在庫と7万種類以上の製品展開で、ロチェスターエレクトロニクスは、半導体製品の継続供給サービス及び製造をサポートしています。詳細につきましてはhttps://www.rocelec.jpをご覧ください。



戻る