Jヴィレッジへオリジナル商品「そらぽーと」を設置・導入

豊田通商株式会社子会社の豊通ファシリティーズ株式会社(以下、豊通ファシリティーズ)のオリジナル商品である駐車場屋根一体型太陽光発電設備「そらぽーと」が、このたびJヴィレッジ(福島県双葉郡楢葉町・広野町)へ設置・導入されました。

Jヴィレッジは、1997年に開設された日本初のサッカーナショナルトレーニングセンターです。福島第一原子力発電所事故に伴い、事故収束の対応拠点として政府および東京電力株式会社に使用され施設の営業は休止していましたが、復興のシンボルとして、2019年4月20日に全面営業再開されました。

Jヴィレッジでは、一般の来訪者にも分かりやすい自家消費型の再生可能エネルギーを導入し環境負荷低減や防災能力を向上させることで、施設来訪者の再生可能エネルギーへの理解促進を目指しています。

豊通ファシリティーズの「そらぽーと」は、日本の建築基準法に対応し、日本国内で製造・加工を施したアルミニウム製の駐車場屋根一体型太陽光発電設備です。また、特許を取得した鋼管杭基礎工法を用いた設計となっており、排出残土も無く、精度の高い施工と短工期での設置が可能です。

そのような製品特性がJヴィレッジの目指す自家消費型再生可能エネルギーの姿とマッチし、採用に至りました。

豊通ファシリティーズは、公共施設や一般企業の工場、事務所、倉庫、商業施設等への、「そらぽーと」設置・導入を通じて、再生可能エネルギー活用の促進と持続可能な社会の発展に貢献していきます。

【お問い合わせ先】
豊通ファシリティーズ株式会社 コーポレート本部 TEL:052-777-5705

戻る