ネクスティ エレクトロニクスとBlackBerry QNXのVAIパートナー契約を締結
~セキュアでセーフティクリティカルな組込みソリューションの開発で提携~

豊田通商グループのエレクトロニクス商社である株式会社ネクスティ エレクトロニクス(本店: 東京都港区、代表取締役社長: 青木 厚、以下ネクスティ エレクトロニクス)は本日、BlackBerry Limited(本社: カナダ オンタリオ州、CEO: ジョン・チェン、NYSE: BB、TSX: BB、以下BlackBerry)と日本国内におけるBlackBerry QNXのDistributor and Value-Added Integrator (以下VAI)プログラムを締結しました。これにより、ネクスティ エレクトロニクスはBlackBerry QNXのDistributor and VAIプログラムに参加し、BlackBerry QNXおよびCerticomテクノロジーの専門家からトレーニングを受け、今後お客様に対し、技術サポートを提供できるようになります。

1.背景

自動車業界では、コネクティッド、自動運転、シェア/サービス、電動化の各分野で大きな変革期を迎えており、その技術進化は著しく、迅速な対応が求められています。そのような環境下で自動車の高度化に伴い、ソフトウェアは複雑化し、規模も増大しています。それに伴い開発現場では開発コストと時間が増大しており、これを削減することが求められると同時に、品質の確保も求められています。

2.契約締結の目的

豊田通商グループのエレクトロニクス事業の中核企業であるネクスティ エレクトロニクスは、カーエレクトロニクス分野においてトップクラスであり、同分野で培った自動運転技術やつながる技術等、最先端技術は農業機械などの分野にも積極的に展開し、技術課題の解決に取り組んでいます。そのグローバル・ネットワークを通じ、BlackBerryの組み込み技術を活用した統合サービスを展開することで、当社の技術、品質、機能性における優位性をさらに強化していきます。

BlackBerry QNXのDistributor and VAIプログラムに参加するパートナーは、信頼性の高いソフトウェア、暗号化ソリューション、幅広いエンジニアリングの専門知識を活用できます。これにより、OEM各社は自動車や製造業、その他の産業向けのミッションクリティカルなシステムの設計、開発、統合、テストの工程をより短期間で実施することができ、最終的には市場投入までの期間を短縮できます。

本パートナー契約締結を通じ、ネクスティ エレクトロニクスはBlackberryのQNXの技術的な専門知識を習得し、信頼性の高いBlackBerry QNXの技術サポートを提供すると共に、当社の技術力を強化し、次世代モビリティ・システムの拡大、普及に貢献していきます。

■株式会社ネクスティ エレクトロニクス

ネクスティ エレクトロニクスは、先進安全や自動車運転など、市場が拡大しているカーエレクトロニクス分野ではトップクラスの規模でビジネスを展開しています。

豊田通商グループの総合力を活かし、エレクトロニクス業界を牽引していくとともに、技術・商材を核として自動車・IoT・産業機器等、幅広い分野でお客様や世の中のニーズに応え、社会の課題を解決するソリューションを提供しています。詳細につきましては、https://www.nexty-ele.com/をご覧ください。

■BlackBerry Limitedについて

BlackBerryは、カナダ・オンタリオ州ウォータールーに本社を置くセキュリティソフトウェア・サービス会社で、企業や政府機関向けに、IoTのセキュリティ保護に必要なテクノロジーを提供しています。安全性、サイバーセキュリティ、およびデータプライバシーに妥協することなく取り組んでおり、人工知能やエンドポイント・セキュリティと管理、暗号化技術、組み込みシステムなどの主要分野をリードしています。詳細については、BlackBerry.comをご覧ください。

戻る