次世代コネクティッドカー向けOTA(Over the Air)※システム開発を手掛ける米国・Airbiquity Inc.に出資
~制御ソフトウエアのOTAリプログラミングの実用化で協業へ~

豊田通商株式会社(以下、豊田通商)は、次世代コネクティッドカー向け制御ソフトウエアのOTAリプログラミングシステム(以下、OTAリプロシステム)の開発および実用化における協業を目的に、米国で制御ソフトウエアのOTAリプロシステムを開発するAirbiquity Inc.(以下、Airbiquity社)の第三者割当増資において、トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ自動車)、株式会社デンソー(以下、デンソー)と共同で出資しました。豊田通商の出資額は500万USドルです。

1.背景

自動車の制御は、車載ECU(Electronic Control Unit)に搭載される制御ソフトウエアで行われており、自動車の多機能化に伴い制御ソフトウエアの重要性が高まっています。次世代コネクティッドカーでは、販売後の機能追加による商品性向上や、不具合が起きた場合の迅速な対応のため、遠隔更新が必須機能となります。

OTAは、無線通信経由のデータ送受信により遠隔更新を可能にする技術・機能であり、次世代コネクティッドカーを実現するためのキー技術といわれています。

2.出資の目的

Airbiquity社は、カーナビソフトなどのOTAリプロで培った技術やノウハウをベースにした、制御ソフトウエアのOTAリプロシステムを開発しています。

豊田通商は本出資を通じて、Airbiquity社が開発している制御ソフトウエアのOTAリプロシステムの実用化の加速と、自動車メーカーへのサービス提供を狙います。また、システム開発ではトヨタ自動車、デンソーと協業し、実車両への実装に向けた取り組みを進めます。 

豊田通商は、次世代コネクティッドカーの機能充実による、安心安全なモビリティ社会と便利で快適なモビリティライフの実現に貢献していきます。

エアビクイティ社概要

会社名
Airbiquity Inc. (エアビクイティ インコーポレイテッド)
本社
米国ワシントン州シアトル
設立年
1997年
代表者
社長兼CEO Kamyar Moinzadeh (カムヤール・モインザデ)
事業概要
OTAリプロシステムの開発、サービスの提供


※ Over The Air (オーバー・ジ・エア):
ソフトウェアの遠隔更新機能。 DCM(車両専用通信機)や携帯電話回線、Wifi通信を経由した車両内の制御用 コンピュータに 対するソフトウェアの遠隔更新を行うこと。これにより制御ソフトウェアの機能追加、機能修正を、 遠隔地から安全に行うことができる。

戻る