ラオス初のトヨタ車ディストリビューターを開業
~同国におけるトヨタブランドのさらなる確立を目指す~

豊田通商株式会社(以下:豊田通商)は、ラオス人民民主共和国(以下:ラオス国)で初となるトヨタ車ディストリビューター「Toyota Laos Co., Ltd. (以下:TLAO社)」を設立し、2018年9月1日から営業を開始しました。

ラオス国では、2012年の中古車輸入規制の導入以降、新車需要が安定的に推移しています。トヨタ車の販売台数もおおむね年間1万台前後で推移しており、同国の新車市場でシェア1位です。

これまでは、ラオス国内にはトヨタ車ディストリビューターがありませんでしたが、近年の環境を踏まえ、このたび、トヨタ車ディストリビューターとしてTLAO社を設立し、営業を開始しました。今後、トヨタ車ディーラーとも密に連携しながら、現地に根ざした事業運営を行っていきます。

豊田通商は、世界各国において自動車関連事業を展開しています。また、ラオス国に拠点を有し、幅広い分野で事業を手掛けています。自動車関連分野では2016年12月に販売金融会社であるToyota Tsusho Leasing (Lao) Co., Ltd.の営業を開始し、トヨタ車向けの販売金融事業を行っています。

これまで自動車事業およびラオス国でのさまざまな事業で培ってきた知見と実績を生かして、TLAO社においてもトヨタブランドに相応しい販売・サービス事業を推進し、ラオス国におけるトヨタブランドのさらなる確立と、事業を通じた同国の発展に寄与してまいります。

TLAO社概要

会社名
Toyota Laos Co., Ltd.
(トヨタ・ラオス・カンパニーリミテッド)
所在地
ラオス国ビエンチャン市
設立時期
2018年5月
開業時期
2018年9月1日
代表者
河端政明(かわばたまさあき)
資本金
580億ラオスキープ
出資比率
豊田通商グループ 90%
(Toyota Tsusho Asia Pacific Pte. Ltd. 65%、豊田通商 25%)
Sokxay Chaleun Karnkhar Sole Co., Ltd
(ソクサイ・チャルン・カンカ―・ソール・カンパニーリミテッド) 10%
事業概要
ラオス国におけるトヨタの車両・部品のディストリビューター事業

戻る