豊田通商、シンガポールのmobilityX Pte. Ltd.の シリーズAにリードインベスターとして出資
~MaaS事業に関わるテクノロジー領域の共同開発とMaaS事業の海外展開で協業へ~

mobilityX Pte. Ltd.
豊田通商株式会社


豊田通商株式会社(以下、豊田通商)は、2018年10月1日、シンガポールでMobility-as-a-Service(MaaS)*事業を展開するmobilityX Pte. Ltd.(以下、mobilityX社)のシリーズA第三者割当増資において、リードインベスターとして出資することを決定しました。出資は、豊田通商アジアパシフィック(Toyota Tsusho Asia Pacific Pte. Ltd.)を通じて実施します。本件はSMRT社と豊田通商での2件目の協業プロジェクトとなります。

2018年に設立されたmobilityX社は、あらゆる交通手段を統合したデジタルプラットフォームをつくっています。現在、公共交通からファースト・アンド・ラストマイル・サービスまでを含めた、サブスクリプション型の統合モビリティサービスを試験導入中です。

今回の資金調達により、mobilityX社はシンガポールとその地域におけるMaaSソリューションの展開を拡大することが可能になります。 また、出資に加え、豊田通商とmobilityX社は、MaaS事業に関わるテクノロジー領域の共同開発とMaaS事業の海外展開での協業に関する包括的MOUを締結しました。

調印式において、豊田通商アジアパシフィックの社長である柳瀬英喜は「豊田通商が、mobilityX社のシリーズAラウンドに出資できることを嬉しく思います。mobilityX社との強力な戦略的協業を推進し、MaaS事業を共に創り上げていくことを楽しみにしています。 そして、シンガポールと東南アジア地域の人々のために、MaaS事業の発展を通じて、より豊かな生活の実現を加速するよう努めます。」と語りました。

mobilityX社の会長であるPeter Tan(ピーター・タン)は「mobilityX社が、豊田通商から出資を受けることを嬉しく思います。豊田通商による出資と戦略的協業は、mobilityX社にとり意義深い裏付けとなります。シンガポールと地域のユーザーのためのモビリティサービス変革に向けて、豊田通商と協力していきます。」と語りました。

*MaaS事業: 公共交通機関やタクシー、カー・自転車シェアなどのさまざまな形態の交通サービスによる移動をシームレスにつなぎ、単一アプリケーションを通じて、ルート検索から予約、支払いまでを統合し、効率的な移動を提供する統合モビリティサービス事業です。最近では、世界において都市単位でグローバルに実証実験が行われています。

契約は、豊田通商アジアパシフィックの社長である柳瀬英喜(後列左)とmobilityX社の会長であるPeter Tan(ピーター・タン)(後列右)が証人として立ち合いの下、豊田通商アジアパシフィックの副社長である加藤茂治(前列左)と、mobilityX社のCEOであるColin Lim(コリン・リム)(前列右)により署名され、締結されました。

< mobilityX社について >

mobilityX社は、シンガポール国最大の公共交通事業者であるSMRT社によるシードファンディングによるスタートアップであり、2018年2月に設立しました。mobilityX社は、公共交通機関(MRTとバス)のバックボーンとして使用するデジタルプラットフォームを開発しました。このプラットフォームには、タクシー、自転車、スクーター、カーシェアリング、ファースト・アンド・ラストマイル接続とポイント・ツー・ポイント旅行のオンデマンドバスオペレーターとのパートナーシップが含まれます。

< 豊田通商について >

豊田通商は、名古屋証券取引所と東京証券取引所に上場し、1948年にトヨタグループの商社として設立されました。 現在では、豊かな社会づくりに貢献すべく、世界120カ国以上で、グループ社員約57,000名が事業に従事しています。Mobility事業、Resources & Environment事業、Life & Community事業の3つの事業領域で、7つの営業本部を有しています。2017年4月には、ネクストモビリティ戦略を掲げ、各営業本部には、新しい戦略に従事するメンバーを擁しています。
豊田通商は、mobilityX社への戦略的出資により、MaaS事業の確立とその核となるノウハウの蓄積を目指します。

戻る