株式会社トーメンの沿革

トーメンの概要(合併前)

社名 株式会社トーメン
設立 1920年4月15日
事業内容 各種商品の国内ならびに輸出入販売等 (商品区分)化学品、食料、繊維、エレクトロニクス、機械・エネルギー
売上 1,577,303百万円(2005年3月期)

トーメンの沿革(合併前)

1920年4月15日 三井物産株式会社棉花部の業務を継承し、東洋棉花株式会社を設立(資本金:1,250万円、本店:大阪市、英文社名:Toyo Menka Kaisha, Limited)
1947年 機械、金属、食糧などの取り扱いに進出
1949年 東洋レーヨン株式会社(現 東レ株式会社)との共同出資により三洋油脂工業株式会社(現 三洋化成工業株式会社)を設立
1950年 大阪証券取引所・東京証券取引所に株式上場
1951年 ニューヨーク東棉社(現 米国トーメン社)を設立
1955年 鐘淵商事株式会社を合併、繊維部門を拡大
名古屋証券取引所に株式上場
1961年 太洋物産株式会社を合併、食料部門を拡大
1963年 南海興業株式会社を合併、金属部門を拡大
1965年 サンポット株式会社を設立
1968年 東灘穀物サイロ基地操業開始、穀物サイロ事業に進出
1970年 株式会社トーメンに商号変更 東京支社を東京本社に昇格、二本社制を採用
1980年 東北グレーンターミナル株式会社を設立
1983年 帝人アドバンストプロダクツ株式会社(現 株式会社トーメンエレクトロニクス)を買収
1987年 風力発電事業を米国で開始、電力事業に進出
1988年 Tomen Power Corporationを設立
1989年 ロンドン支店を廃止し、英国トーメン社を設立
1990年 棉花部を分社化し、東洋棉花株式会社を設立
シェブロン社から農薬殺虫剤「オルトラン」の日本における商標および独占的な開発販売権を含む商権を買収
P.T.Styrindo Mono Indonesiaを設立
英文社名をTomen Corporationに変更
1992年 株式会社トーメンデバイスを設立
1999年 株式会社トーメンエレクトロニクス 東京証券取引所市場第二部に株式上場
2000年 豊田通商株式会社と資本・業務提携(第三者割当増資75億円)
2001年 株式会社トーメンエレクトロニクス 東京証券取引所市場第一部に指定替え
アリスタ ライフサイエンス株式会社にライフサイエンス事業を統合
電力事業部門の一部を株式会社トーメンパワーホールディングス(現 株式会社ユーラスエナジーホールディングス)に分社化
2003年 サンポット株式会社 東京証券取引所市場第二部に株式上場
豊田通商株式会社・トヨタ自動車株式会社による第三者割当増資(100億円)
2004年 株式会社トーメンデバイス 東京証券取引所市場第二部に株式上場
2005年 株式会社トーメンデバイス 東京証券取引所市場第一部に指定替え
2006年 豊田通商株式会社と合併

沿革へ戻る