2018年7月1日、豊田通商は設立70周年を迎える。
1948年、日新通商として設立された当社は、トヨタグループの総合商社として、
経済情勢の変化に対応しながら豊かな社会づくりに貢献してきた。その70年の歩みを振り返る。

SCROLL

MESSAGE

70周年を迎えて

MESSAGE

70周年を迎えて

当社は1948年にトヨタ車の販売金融を行う「トヨタ金融株式会社」の商事部門を継承して設立されました。
「常に変化する社会のニーズに対応した新たなビジネスモデルを創造し、これまでにない付加価値を提供して豊かな社会づくりに貢献する」使命を追求し続け、本年2018年7月に70周年を迎えることとなります。
これもステークホルダーの皆様から賜りましたご支援、ご愛顧によるものと、改めて厚く御礼申し上げます。
今後も私たちは、高い志と自由な発想、熱い情熱と精神力・行動力を結集して、お客さまのニーズ、社会のニーズを第一に考える事業展開を継続してまいります。
国際化と情報通信分野からの技術革新が、我々の事業環境に大きな変革を巻き起こしておりますが、我々はどんな環境下においても持続的な成長を果たし、ステークホルダーの皆さまのご期待に応え続け、価値ある企業となるよう、努力してまいります。
今後とも皆さまのご指導およびご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

社長・CEO

貸谷伊知郎

今後とも価値ある企業となるよう
努力してまいります。

HISTORY

1948年に設立された日新通商が現在の豊田通商の源流にあたる。戦後まもなくの苦境、高度経済成長期、度重なる不況の波、トヨタグループのグローバル化に伴う海外進出、そして加商、トーメンとの合併など、今日までの当社の歩みを大きく三つの時代区分に沿って紹介する。

3社合併の経緯

2000年にトーメンと資本・業務提携し、同年、食料分野に強固な基盤を築く加商と合併する。2006年には多彩な事業基盤と幅広い顧客層をもつにトーメンと合併し、現在の豊田通商が誕生する。これによりインフラ分野や化学品分野、食料分野など自動車以外の分野への本格参入が始まり、バリューチェーンの拡大が急速に進む。