加商株式会社の沿革

加商の概要(合併前)

社名 加商株式会社
設立 1923年11月30日
事業内容 ゴム、化成品、紙・パルプ、農産物、食品、水畜産物、物資・その他各部門にわたる各種商品の国内販売および輸出入業(外国間取引を含む)
売上 173,596百万円(2000年3月期)

加商の沿革(合併前)

1923年11月30日 貿易業の加藤商会の東京支店長であった石川昇一が、関東大震災で東京支店が焼失したのを機に独立し、当社の前身・加藤商業株式会社を東京・日本橋に設立。主として東南アジアとの貿易を開始。(資本金20万円)
1924年 シンガポール支店開設
1926年 神戸支店開設
1928年 商号を加商株式会社に変更
1933年 名古屋支店開設
1934年 大阪支店開設
1960年 サンフランシスコ支店開設
1969年 東京証券取引所第二部に株式上場(資本金3億6300万円)
サンフランシスコ支店を現地法人化/Kasho(U.S.A.)Inc
1970年 ジャカルタ駐在員事務所開設
1973年 本社新ビル完成
1977年 株式、東京証券取引所第一部に指定替え(資本金11億4400万円)
1980年 北京駐在員事務所開設
1985年 上海駐在員事務所開設
1988年 KASHO(U.S.A.)INC.シカゴ事務所開設
1989年 マニラ駐在員事務所開設
1990年 福岡支店開設。神戸支店を大阪支店に統合
1991年 事業本部制開始。営業部門は食料/物資・紙業/化成品・ゴムの3事業本部として開設
1993年 ミャンマー連絡事務所開設
1995年 ミャンマー現地法人設立。Myanmar Kasho Co.,Ltd.
1996年 東京丸一商事と合併(資本金16億5669万円)。ホーチミン(ベトナム)に駐在員事務所開設。
1999年 豊田通商株式会社と業務提携
2000年 豊田通商株式会社と合併

沿革へ戻る