茨城県の商業施設に国内最大規模の自家消費用カーポート型太陽光発電設備を納入

豊田通商の子会社である豊通ファシリティーズ株式会社(本社:愛知県名古屋市、社長:石原 正規)は、このたび、三菱地所・サイモン株式会社(本社: 東京都千代田区、社長:山中 拓郎)が茨城県阿見町にて運営する『あみプレミアム・アウトレット』の屋外駐車場の一部において、オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)と共同でカーポート型太陽光発電設備(PVカーポート)を納入いたしました。

このPVカーポートは、約4,000枚の太陽光パネルを使用して、最大出力1MWを有するもので、発電された電気は自家消費されます。年間発電1,150,000kWhを見込んでおり、施設共用部における年間電気使用量の約80%に相当します。

カーポート型太陽光発電設備(PVカーポート)概要

設置場所
あみプレミアム・アウトレット 第2駐車場 500台分
発電容量
1,048kw    ※メガソーラー級
年間発電量(想定)
1,150,000kWh ※すべて自家消費

PVカーポートは、主に平置き駐車場のスペースを有効活用しながら太陽光発電設備を導入することができ、環境負荷の低減に寄与するだけでなく、遮熱効果や悪天候時の雨避けとして駐車場利用者の満足度向上につなげることができます。

豊通ファシリティーズは太陽光架台業界で世界NO.1シェアを有するドイツの大手メーカーSchletter GmbH社製のPVカーポートを日本の建築基準法に対応させ(*)、導入のご提案から設計・施工、導入後のメンテナンスまでワンストップでお客さまにご提供しています。

(*)同製品は、豊通ファシリティーズを中心とした数社のコンソーシアムが、日本オリジナル仕様を設計したものです。

豊通ファシリティーズ株式会社とSchletter GmbH社が共同開発した日本建築基準法

対応PVカーポートのラインナップ

戻る