メキシコで自動車用鋼管加工会社を設立

豊田通商株式会社(以下、豊田通商)は、豊田通商メキシコ、豊通鋼管と共同で、自動車に使用される鋼管の加工会社「Toyota Tsusho Steel Pipe de Mexico S.A. de CV 」(以下、新会社)を2015年7月にメキシコ合衆国ケレタロ州ケレタロ工業団地内に設立し、本年10月操業開始を目指します。

豊田通商は、新市場開拓の注力国の一つであるメキシコにおいて、今後更に成長が見込まれている自動車分野での事業化を目指し市場調査を進めてまいりました。

メキシコでは、日系自動車メーカーの4輪増産や各種産業の発展を背景に、ケレタロ州では、日系の自動車部品メーカーが進出し工場も拡張しており、近隣のグアナフアト州でも、日系自動車メーカーの工場進出が進んでおります。

こうした中、自動車用鋼管加工需要も急速に拡大しており、それに伴いユーザーの現調化ニーズも高まっております。

一方、豊田通商は、2012年2月より、メキシコにおいて丸一鋼管グループのMARUICHIMEX S.A. de C.V社 (各種鋼管製造会社)に参画してまいりました。(豊田通商出資比率20%)

今回、各種鋼管の加工ノウハウを持つ豊通鋼管及び現地事情に精通した豊田通商メキシコと、新会社を設立することにより、既存の物流網・拠点ネットワークを通じて更にバリューチェーンを拡充していくことが可能になると共に、現地調達化ニーズに応えてまいります。

豊田通商スチールパイプ ド メキシコ 会社概要

会社名 Toyota Tsusho Steel Pipe de Mexico S.A. de C.V.
本社所在地 メキシコ合衆国ケレタロ州ケレタロ工業団地内
設立年 2015年7月(予定)
資本金 966千US$
事業概要 各種鋼管切断
従業員数 約20名
株主構成 豊田通商70%、豊田通商メキシコ20%、 豊通鋼管10%
ご参考

【出資会社の概要】

■豊田通商

名称 豊田通商株式会社
本社所在地 愛知県名古屋市中村区名駅4-9-8
設立 1948年7月1日
資本金 649億36百万円
代表者 取締役社長 加留部 淳
事業内容 各種物品の国内取引、輸出入取引、外国間取引、各種保険代理業務等
従業員 単体3,551名(2014年3月末)出向者を含み、受入出向者を除く


■豊通鋼管

名称 豊通鋼管株式会社
本社所在地 愛知県大府市東新町3-9
設立 1965年10月15日
資本金 3億10百万円
代表者 代表取締役 山田 髙士
事業内容 各種鋼管の販売、引抜鋼管の製造加工、鋼管切断加工
従業員 149名


■豊田通商メキシコ

名称 Toyota Tsusho Mexico,S.A. de. C.V.
本社所在地 Calle Septima No. 300 Suite 1020 Parque Industrial Monterrey Apodaca, NL Mexico
設立 1995年4月
資本金 2,742,000 MXN
代表者 代表取締役 堀本 哲夫
事業内容 各種物品の国内取引、輸出入取引、外国間取引等
従業員 85名

戻る