インドネシア最大の自動車部品メーカーに直接出資へ
~アストラグループとの戦略的協力関係を強化~

豊田通商株式会社(本社:名古屋市、社長:加留部 淳、以下:豊田通商)は、インドネシア最大の企業グループであるアストラグループの自動車部品メーカーPT Astra Otoparts Tbk(本社:インドネシア、以下:アストラオートパーツ社)の発行済み株式4.9%を、同社の親会社であるPT Astra International Tbk(本社:インドネシア、以下アストラインターナショナル社)から取得することで合意しました。これは、アストラインターナショナル社が保有するアストラオートパーツ社株式のブックビルディング方式による売り出しに対して入札を行ったもので、投資額は約8,860億ルピア(約93億円)となる見込みです。

 

豊田通商は、これまで日系自動車メーカー・部品メーカーのインドネシア進出、生産拡大に合わせ、原材料・部品の現地調達・加工・物流などのサプライチェーンに加え、土地・工場の賃貸や総務・人事・経理等の事務系業務を支援するテクノパーク事業など自動車分野において幅広い事業を展開しており、アストラインターナショナル社及びアストラオートパーツ社とも日系メーカーとの合弁事業を通じて、40年以上に亘り良好な関係を構築してきました。アストラオートパーツ社は、インドネシア最大の自動車部品メーカーで、自動車部品の鍛・鋳造からプラスチック成型、タイヤ製造、アフターマーケットまで幅広い自動車部品の川上から川下に至るコングロマリットを形成しており、インドネシアにおける日系自動車メーカー・部品メーカーに製品を供給しています。

 

今回の資本参加により、豊田通商は高い成長が見込まれるインドネシアの自動車市場において、アストラオートパーツ社とのパートナーシップをさらに強化し、同国における自動車関連事業のさらなる拡大を目指します。また、豊田通商とアストラインターナショナル社は、自動車以外の分野に関してもさらに関係を強化していきます。

 

なお、アストラインターナショナル社及びアストラオートパーツ社は、当社の株式取得を歓迎する旨、表明しています。

アストラオートパーツ社の会社概要

会社名 PT Astra Otoparts Tbk.
本社所在地 インドネシア ジャカルタ
設立 1976年
売上高 8兆2,774億ルピア(約869億円)
資本金 4,820億ルピア(約51億円)
代表者 Siswanto Prawiroatmodjo
従業員数 429名(単体)
事業内容 自動車部品製造、同合弁及び、市販自動車部品の流通・輸出・小売

アストラインターナショナル社の会社概要

会社名 PT Astra International Tbk
本社所在地 インドネシア ジャカルタ
設立 1957年
売上高 188兆530億ルピア(約1兆9,745億円)
資本金 2兆242億ルピア(約213億円)
代表者 Prijono Sugiarto
従業員数 185,580 名(連結)
事業内容 二輪四輪販売・製造、金融(自動車金融等)、重機、鉱業、農業、インフラ、IT
※1ルピア=0.0105円換算

資料:インドネシア自動車製造業者協会 (GAIKINDO)

戻る