豊田通商株式会社 CSRレポート2012 18/48

豊田通商株式会社 CSRレポート2012
18/48

世界中で需要が拡大するヨードを安定的に供給するために大規模開発を推進化学品・エレクトロニクス本部アルゴルタ・ノルテ社ヨード販売出資ヨード製品販売レントゲン造影剤殺菌防かび剤工業用触媒液晶関連医薬品その他飼料添加物安定剤添加剤除草剤など〈ヨードのバリューチェーン〉ヨード鉱区開発ヨード生産ヨード化合物製造消費先(用途)年間年間ヨード生産量2,0004~6,000トントン絶滅が危惧される野鳥の生態系を保護豊田通商は、X線造影剤や殺菌剤などの原料として不可欠なヨードの採掘・生産・販売事業を展開しています。近年の新興国での需要の伸びを受け、豊田通商はチリにおけるヨードの大規模開発に参画、新たな供給源を確保しました。豊田通商出資ACFミネラ社17

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です