労働安全衛生マネジメント

豊田通商グループ安全衛生方針と活動

「豊田通商グループ安全衛生方針」の下、取引先・投資先を含め、豊田通商が関わる全ての事業、全ての働き手の安全を確保することが事業継続の大前提と考え、グループを挙げて労働安全衛生の取り組みを推進しています。
また、安心・安全な食料品を提供するため食料安全推進室を設け、「食の安全管理システム」も構築しています。

豊田通商グループ安全衛生方針(2011年7月改定)
  1. 1.安全と健康の確保を図るには良好なコミュニケーションが必要と認識し、トップは社員との協議を尊重する。
  2. 2.安全衛生関係法令、客先構内作業業務要領などを尊重するとともに、必要な自主基準を設け安全衛生管理のレベル向上を図る。
  3. 3.労働安全衛生マネジメントシステムを利用し、継続的な改善ならびに維持に努め安全衛生水準の向上を目指す。
  4. 4.グループ全社的な安全衛生活動の推進のため、組織体制の整備、責任所在の明確化を図る。
  5. 5.快適かつ健康的な職場の形成を進めるため、全社員に対し安全衛生確保に必要かつ充分な教育・訓練を実施する。

①安全衛生各種会議

「安全週間連絡会」「安全管理強化会議」を中心に、安全情報の共有と安全意識の向上に努めています。
豊田通商では週1回、各本部のゼロ災推進メンバーを中心に、関係者が出席する「安全週間連絡会」を開催しています。
また、全社を横断する会議として、本部役員(各本部長およびゼロ災担当役員)が出席する「安全管理強化会議」を毎月開催し、情報の共有とトップの安全意識の高揚を図っています。

②グループ会社や仕入先を含めて安全管理を推進

豊田通商では、1985年に安全管理室、2001年に環境安全推進部を設置し、2010年に現在の安全・環境推進部になってからも災害の撲滅・未然防止と安全文化の構築に取り組んできました。工場安全診断、労働安全衛生マネジメントシステム、リスクアセスメントなどの活動を通して、国内外のグループ会社の安全管理活動を推進しております。また全世界共通の安全ルールである「TOYOTA TSUSHO GLOBAL SAFETY STANDARD」のグローバル展開にも力を入れています。

今後の安全を誓い「安全唱和」
今後の安全を誓い「安全唱和」

国内では「豊田通商グループ安全衛生推進委員会」を設置し、豊田通商と国内グループ会社の労働安全衛生活動を推進しています。同委員会は、豊田通商取締役である「統括安全衛生責任者」とグループ会社57社の代表取締役が参加します。

グループに分かれてケーススタディー
グループに分かれてケーススタディー
参加者と各本部担当、事務局合わせて集合写真
参加者と各本部担当、事務局合わせて集合写真

海外グループ会社についても、安全の方針・理念(ANZEN-FIRST)を共有した上で、各国の法規に対応した安全活動を推進しています。また、2013年3月期から「全世界共通の安全文化の構築」を目指して「GLOBAL SAFETY MEETING」を開催しており、第6回目となる2018年3月期は18カ国21社の34名が各地域の類似災害再発防止と各社の安全活動の自立化に向けて活発な討議と勉強会を2日間実施し、今後のアクションプランを共有しました。

豊田通商グループ安全管理体制(2018年3月期)
豊田通商グループ安全管理体制(2018年3月期)