仏CFAO社、HEINEKENとコートジボワールに新合弁会社BRASSIVOIREを設立、ビール醸造所の定礎式を実施

豊田通商株式会社が97.5%出資するグループ会社CFAO S.A.(以下、CFAO)は、2015年9月25日、コートジボワールにおいてハイネケン社と合弁会社BRASSIVOIRE(ブラシボワール)を設立したことを発表し、同日、現地にて定礎式をおこないました。

本件に関し、CFAOは別添の通りプレスリリース(英語)を行っております。
※日本語訳をつけております。

CFAO Press Release(英語)[PDF形式:208.1 KB]

CFAOプレスリリース(日本語)[PDF形式:524.4 KB]

戻る