フィットネスジム対応コンサル型健康管理サービスを本格展開
~運動の成果を見える化し健康増進につなげる「からだステーション」~

豊田通商株式会社(以下、豊田通商)は、2012年から試験運用を行ってきたフィットネスジム対応健康管理サービスを、このたび「からだステーション」として、シャープ株式会社(以下、シャープ)、株式会社ヒカリスポーツ(以下、ヒカリスポーツ)と提携し、本格展開いたします。

1. 背景

日本では、近年、医療費の増大が課題となっており、政府方針として公的保険外の運動・食事指導などの市場創造による医療費抑制が掲げられています。

豊田通商は、この課題に着目し、そのソリューションとして、業界初の「コンサル型健康管理サービス」の開発に、運動・健康の拠点であるフィットネスジム(以下、ジム)と共同で、取り組んできました。

2. 概要

このたび本格展開する「からだステーション」は、豊田通商がジムに貸与する ①システム・コンテンツ、 ②独自に開発した業界最軽量の専用「IC活動量計(以下、活動量計)」、③専用の測定機器(体組成計・体重計・血圧計)を使用します。ネットワークにより、会員ごとのジム内外の運動データと身体データを一元管理し、タブレット使用でグラフ表示などの「見える化」を実現。また、技術パートナーとして、パーソナル・コネクテッド・ヘルス・アライアンス*のメンバーであるシャープと提携することにより、安定したシステムの構築を可能にしました。

ジムでは、測定データに基づくトレーナーによる運動指導などのカウンセリングの提供や、ジムの外からでもPC・スマホでデータ閲覧が可能な「マイページ」機能などにより、CS向上を狙います。営業パートナーとして、ジム向けの卸売業者であり、同分野で国内最大のシェアを保有するヒカリスポーツと提携し、今後、5年後にジム500店舗(シェア約13%)、会員25万人の導入を目指します。

*パーソナル・コネクテッド・ヘルス・アライアンス:各種のICT機器と健康管理機器の相互接続・相互運用を可能にするためのコンティニュア設計ガイドラインを制定している国際的な業界団体。

<「からだステーション」のスキーム>

3. からだステーションの特長

からだステーションは、ジム会員に対して、運動・身体データの見える化、および運動が楽しくなる各種コンテンツを提供し、健康習慣の定着化を図ります。
また、ジムの運営や経営をサポートする各種機能も提供することで、フィットネス業界の課題解決と経営支援にも貢献します。

4. 今後の展望

からだステーションは、今後も機能を充実し、将来的に食事・美容・睡眠などの要素も取り入れ、一人ひとりにカスタマイズした「健康トータルソリューション」の提供を目指します。

豊田通商は、ビジョン「GLOBAL 2020 VISION」のライフ&コミュニティ分野において、医療・介護などのヘルスケア分野を注力分野として位置づけています。健康志向で今後拡大が見込まれるジム市場においても、本取り組みを通じ、人々の健康で豊かな暮らしに貢献していきます。

からだステーション
WEBサイト: https://www.asitae.net/
Facebook : https://www.facebook.com/karadastation

戻る