省エネ超大型シーリングファンをスパリゾートハワイアンズに寄贈
~日本の大型レジャー施設 設置第1号、共同実証実験を実施~

豊田通商株式会社(以下:豊田通商)とグループ会社の株式会社豊通マシナリーは、日本総代理店を務める、米国のBig Ass Solutions (ビッグアスソリューション、本社:米国ケンタッキー州レキシントン市)の省エネ超大型シーリングファン(以下、ビッグアスファン)3機を、常磐興産株式会社(以下:常磐興産)が運営する「スパリゾートハワイアンズ」(以下:ハワイアンズ)に寄贈いたします。また、同施設の協力を得て、省エネ・空調効果に関する共同実証実験を行います。

今回の設置は、空調コスト削減と快適性向上が積年の課題であった常磐興産と、ビッグアスファンの販路を開拓していた豊田通商グループの双方のニーズが合致し、「寄贈」と「共同実証実験」という、双方にベストな形で実現したものです。

ビッグアスファンは、HVLS(大風量低速)ファンと呼ばれる、流体力学を応用した直径1.8~7.3m の巨大な羽根を少ない電力で低速回転させ、広域空間全体に大風量の気流を生み出す、省エネ効果とデザインに優れた新タイプのファンです。多段階の回転数調整が可能で、季節・ニーズに応じた様々なソリューションを提供します。 ウォーターパークでは、冬季は、天井付近にたまる暖房熱を、ゆっくりした回転で冷感を発生させずに効率的に居住空間へ下ろし、館内を温かく保ちます。夏季は、回転速度を上げ気流を発生させることで、体感温度を下げます。この空調効果により、一年を通して来場者の快適性を高めることが可能となります。

2013年末の設置以降、試運転と実証実験を行い、暖房使用期間(10月~5月)において、月間約100~150万円の省エネ効果を確認することができました。年間に換算して約1,000万円の効果を見込んでおります。本格稼働後も実証実験を継続し、夏季のデータも蓄積してまいります。

豊田通商グループは、空調課題の解決を通して震災復興の後押しができること、加えて、ハワイアンズのある福島から新しい省エネの形を発信できることは、本事業にとり非常に大きな意味を持つと考えております。今後も、本事業を通じて温暖化や夏季の熱中症などの社会問題の解決に取り組み、事業を通じ人・地球環境に優しいサスティナビリティ社会の実現を推進してまいります。

ご参考

【実証実験結果のポイント】

① 2~3月累計で 暖房設備(6機)の合計稼働時間が前年同期比で673時間(約20%)減少、ボイラー蒸気発生量も406t(約11%)削減。金額換算で、約240万円(※)の削減効果。
※期間中ファンの使用電力 約3.2万円/2カ月 を差し引いた金額

② 1F~5F部分の上下温度差が減少、 プールサイド気温が約2℃上昇。
前年よりもより少ないエネルギー量で、施設内の快適性が向上

③ 冬季の暖房スピードが大幅に改善。暖房開始時刻を大幅に遅らせることが可能に。
従来  1~1.5℃ /時間  ⇒  導入後 3~4 ℃/時間
従来  午前2~3時     ⇒  導入後 午前5~6時  

④ 2014年2~3月は、2013年同月よりも好天日が少なく、平均気温も低い厳しい環境。
実際の金額的効果および削減率は、さらに高くなると思われる。

戻る