アフリカで日本企業初となる社会貢献型ベンチャー育成基金設立へ
~現地の雇用創出と人々の経済的自立を主眼に起業を支援~

豊田通商株式会社(本社:名古屋市、社長:加留部淳、以下:豊田通商)は、アフリカにおいて日本企業初となる社会貢献型ベンチャー育成基金「Toyota Tsusho CSV Africa Pte. Ltd.(以下:新基金)」をモーリシャスに設立します。

 

これは、アフリカ支援における国際社会の認識が「援助」から「自立」へと変化するなか、投資効率・投資収益に重点を置くのではなく、高い失業率や低い所得水準といった社会的課題を抱えるアフリカ各国において、現地に暮らす人々の雇用創出や所得向上、生活・福祉環境の改善、外貨獲得といった課題解決に直結する事業を発掘し、育成することを目的とするものです。

 

豊田通商はこれまで、アフリカにおいて発電・港湾インフラの開発、自動車生産・販売等の事業を通じ、社会インフラの整備や産業・人材の育成に取り組んできました。また、市民の安全・医療環境の改善に向け、警察車両や救急車、医薬品の無償提供、現地グループ会社従業員によるボランティア活動などの社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。

 

今回の新基金設立により、雇用、環境、教育、福祉、医療等の分野において、これまで当社が取り組んでいない小規模事業の育成・支援を通じて、さらにアフリカと日本の事業の橋渡しに貢献してまいります。

新基金の運用規模は15億円で、運営にあたっては、豊富なベンチャー投資実績を持つ椿進氏が代表を務めるAsia Africa Investment and Consulting Pte. Ltd.、アフリカにおけるベンチャー起業の第一人者である佐藤芳之氏(ケニア・ナッツ・カンパニー創業者)をパートナーに迎え、上記投資方針に則って様々な事業アイデアを発掘するとともに、既存のベンチャー企業にも資金面および豊田通商のグローバルな物流・販売ネットワークを生かした支援を行います。

新ファンドの概要

会社名 Toyota Tsusho CSV Africa Pte. Ltd.
所在地 モーリシャス共和国・ポートルイス
設立 2014年1月
資本金 23百万USD(約24億円、豊田通商100%)
代表者 山際邦明(豊田通商常務取締役)

 

戻る