中期経営計画

中期経営計画達成に向けて

経営戦略

収益基盤の強化と3領域への挑戦
  • 原点に立ち戻り、「Toyotsu Core Values」による成長の実現
  • 限られた経営資源の再配分

投資方針

定量基準の厳格運用による投資リターン向上
  • 投資は営業キャッシュフローの範囲内で厳選
  • 「豊通らしさ」を発揮できる新規案件に注力

財務方針

キャッシュフロー経営の強化
  • 有利子負債の圧縮
  • 株主還元(配当金)は段階的に引き上げ

中期経営計画 ~定量目標 ~

(単位:億円)

  IFRS
  17/3期
実績
18/3期
計画
20/3期
目標
PL 当期利益 1,229 1,100 1,300
BS 総資産 42,120 43,000 46,000
CF フリー・
キャッシュ・フロー
+332
財務
指標
ROE 10.8% 10% 10~13%
有利子負債(NET) 11,019 10,800 11,000
DER(NET) 1.0倍 1.0倍以内
RA:RB 0.9 1.0未満
ROE
10~13%
資本コストを意識し、株主資本の効率的運用に努める
ネットDER
1.0倍以内
フリー・キャッシュ・フローを黒字化し、有利子負債の増加を抑える
(但し、大型投資案件実行の際、一時的に1.0倍を超える可能性は有り)
RA/RB
1.0未満
資産等の特性に応じたリスク総量と自己資本のバランスを注視し、健全かつ安定的体質を維持

中期経営計画 ~当期利益の階段~

(単位:億円)
中期経営計画~当期利益の階段~