社長メッセージ

株主の皆様へ

取締役社長 加留部 淳

拝啓 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申しあげます。

第97期上半期(平成29年4月1日から平成29年9月30日まで)の豊田通商グループの業績につきましては、売上総利益は2,975億円、営業活動に係る利益は948億円となりました。また当期利益(親会社所有者帰属)は734億円となり、前年同期比229億円の増益、4月28日に公表しました当初通期業績見通し1,100億円に対する進捗率は67%となりました。

当上半期の実績及び今後の事業環境を踏まえ、当期利益(親会社所有者帰属)の通期業績見通しを1,250億円(当初予想+150億円)に上方修正しました。前期は1,079億円と過去最高益を達成しましたが、当期はさらに上回る業績を達成すべく、全社員一丸となって邁進いたします。なお、平成29年3月期(第96期)の有価証券報告書における連結財務諸表から国際会計基準(IFRS)を導入しており、決算関連数値はIFRSに準拠しています。

配当予想につきましても、通期業績見通しを上方修正したことから、配当方針に基づき中間配当金は1株当たり45円(当初予想+6円)とし、支払開始日を11月27日とさせていただきました。また、年間配当金は1株当たり90円(当初予想+12円)に変更しております。

当社グループは「Global Vision」を策定し、全てのお客さまやステークホルダーにとって唯一無二な存在になることを目指し、あるべき姿として「Bethe Right ONE」を掲げています。今後も、一歩ずつ着実に施策を実行し持続的な成長に取り組んでまいります。

当社グループをご理解いただき、ご支援くださっている株主の皆様に心より感謝申しあげますとともに、今後とも変わらぬご支援を賜わりますようお願い申しあげます。

敬具
平成29年11月

取締役社長
加留部 淳