豊田通商株式会社 CSRレポート
29/52

 環境問題は企業が活動を続けていく限り避けて通ることの許されない課題です。環境問題はさまざまな形で私たちの前に現れ、時には深刻な問題となって立ちはだかります。 環境に配慮し、真摯に取り組んでいくことは私たち、豊田通商グループにとって大きな使命であり責務です。この使命・責務を果たしていくことは私たちの企業理念である「人・社会・地域との共存共栄をはかり、豊かな社会づくりに貢献する価値創造企業を目指す」の実現に他ならないと考えます。 私たちは、この企業理念のもと「豊田通商グループ環境方針」を定め、「豊田通商グループ環境マネジメントシステム」により循環型社会・低炭素社会・自然共生型社会の実現をめざすと共に、環境法令遵守、環境汚染予防に取り組んでいます。そうした中、豊田通商グループは長期ビジョン「GLOBAL 2020 VISION」で掲げた「次代の自動車の進化」「生活環境の向上」「地球課題の解決」の3つの事業分野全てにおいて、環境に配慮した事業活動を展開しています。 2013年度は、環境リスクの定量的把握および管理レベルの見える化をする「環境影響リスク評価」を「豊田通商グループ環境マネジメントシステム」に導入することにより、環境マネジメントの更なる改善を図りました。また、全豊田通商グループのPCB廃棄物について汚染リスク低減の観点より早期処理に着手、グループ合同処理により効率化を推進しております。2014年度もその取り組みを継続推進し、汚染リスク低減に努めていきます。 「地球環境と事業の持続性に責任を持つ企業として未来の世代のために豊かな地球環境を継承していく」。これが私たち豊田通商グループの地球環境に対する思いです。今後も環境に配慮した事業活動を推進するとともに、環境マネジメントの継続的改善を推進して行きます。浅野 幹雄環境管理統括者(取締役副社長)地球環境と事業の持続性に責任を持つ企業として、環境に常に配慮し、取り組んでいきます。よき企業市民として環境保全、省エネ、リサイクル等に努め、地球環境に配慮した事業活動を推進すると共に、環境汚染の予防に取り組む取引先各社、関係会社と共に豊田通商グループが一体となり、廃棄物の有効利用、資源保護関連等環境関連ビジネスを積極的に推進し、循環型経済社会の実現に寄与する事業活動にあたって環境関連法規、業界規準等、当社が同意するその他の要求事項を遵守する環境マネジメントシステムの構築により環境保全活動を実施し、見直し、創造性を発揮する事により継続的改善を目指す環境教育を通じて、環境方針を全役職員に周知徹底する事により環境に関する意識の向上を図る❶❷❸❹❺豊田通商グループ環境方針環境への取り組み豊田通商は環境への取り組みを、企業理念に掲げた「人・社会・地球との共存共栄」の実現に欠かせないものと考えています。「豊田通商グループ環境方針」のもと、すべての役員・社員がこの考えを共有し、活動に取り組んでいます。EnvironmentEnvironment2828

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です