豊田通商 CSR Report 2013
8/48

CSRの基本線(CSRゼロ線)ライフ&コミュニティモビリティアース&リソース領域 ❷領域 ❶領域 ❶領域 ❸豊かな社会づくりに貢献する価値創造企業として、「人・社会」により役に立つ多彩な価値を提供する事業の創造と拡大を目指す。車と「人・社会」の接点における自動車ビジネスの変化とそこから生まれるチャンスを先取りし、事業の成長と次代のモビリティへの貢献を目指す。食料・資源・自然環境などに関わる「地球課題」と向き合い、豊田通商グループならではの取り組み方で新たな価値を創造し、事業のさらなる成長・拡大を目指す。環 境“地球との共存・共栄”を目指す豊田通商は、トヨタグループと協同して、グローバルな規模でさまざまな環境保全活動やボランティア活動に参加しています。教 育留学生の奨学金による支援やブラジルの小学生への環境教育の実施など、さまざまな教育支援活動を通じて、世界で活躍できる豊かな人材の育成に寄与しています。情報開示リスクマネジメントコンプライアンス全社的に法令遵守を徹底すべく、内部通報窓口の設置や研修やセミナーの実施など、さまざまな施策を実施しています。会社に関する幅広い情報を公開し、ステークホルダーの方々との対話を重視することで、経営の透明化を図っています。リスク管理を担うERM部を中心に各種リスクの適切な管理に努め、リスクマネジメント能力のさらなる向上を図っています。コンプライアンス福 祉障がい者スポーツへの支援や介助犬育成の支援など、さまざまな社会的課題に取り組む活動に参加し、継続的に支援することで、より豊かな社会づくりの実現に貢献します。○内部統制システムの運用および整備○社内規程の遵守徹底○公正な競争および取引の徹底○コンプライアンス教育の実施○サプライチェーンCSRマネジメント○人権尊重○差別のない雇用リスクマネジメント○ERM委員会を中心としたリスク管理○情報セキュリティ管理○環境マネジメントの推進○労働安全衛生の推進○事業継続マネジメント(BCM)の推進情報開示○当社ウェブサイト上での積極的な情報開示○ステークホルダーにとって分かりやすく、 かつ透明性の高い情報開示○投資家向け決算説明会や 個別ミーティングの実施○当社発行物(CSRレポート、アニュアルレポート、 事業報告書等)の作成CSR活動マップ企業としての社会的責任を戦略的に果たすために、2013年4月に「CSR活動マップ」を作成。社会的課題解決型・地域貢献型事業企業責任遂行(CSRの基本)型企業責任遂行(CSRの基本)型社会貢献(慈善)型企業として当たり前の責任を遂行するための「CSRの基本線(CSRゼロ線)」となる活動領域社会の課題が多岐にわたる現代、企業に問われる社会的責任の在り方も多様化しています。豊田通商では、活動の指針となるマップを策定し、戦略的かつ効果的なCSR活動を推進しています。当社の強みを生かしていく領域企業としての基本活動領域ABDGFEC→P40→P39→P387

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です