豊田通商 CSR Report 2013
40/48

 社長を委員長とするERM委員会を中心に、各種リスクの適切な管理に務めています。リスクを「重点対応リスク」と「継続フォローリスク」の二分野に設定した上で、全社で対応すべき「重点対応リスク」については、四半期毎にERM協議会で具体的な対策を議論しました。「継続フォローリスク」については、前年度からの積み残し課題を中心に、抜け漏れを防止するとともに、単体のみでなく関係会社等での取り組みを行いました。 「重点対応リスク」のマネジメントは緊急性を鑑みて、BCP構築(災害リスク)や情報(セキュリティ)管理規程の改定に優先度を置きました。 「継続フォローリスク」について、法令遵守、契約締結は単体での整備が終了し、その重点は関係会社に移りつつあります。ERM協議会の議題を重点リスクへの対応に絞り込むことで、協議内容の充実とリスクマネジメントのさらなる効率化ができ、さらに全社を巻き込んだ議論ができました。また、本部特有のリスクや継続フォローのリスクについても、ERM連絡会の場を活用して、各本部毎のきめ細かい対応を行いました。リスクの性質に応じた適切な把握と管理を推進しています。リスクマネジメントリスクマネジメント 豊田通商グループは、グローバルに多様なバリューチェーンを構築し世界中の国々から原料や商品を調達しています。その中「サプライチェーンCSR行動指針」を定め、サプライヤーに遵守を要請しています。サプライチェーンCSRマネジメント員に配布しています。 また、日々の業務で遵守すべき具体的な行動規範を社員に浸透させるために、各種の研修やセミナーを実施しています。 2012年度には、新入社員や国内関連会社の役員を対象にした各種セミナーを開催しました。には、強制労働や児童労働が懸念されている地域も含まれるため、事業を展開するにあたっては、それぞれの地域において、サプライチェーンを通じたCSRマネジメントを推進していくことが必要と考えています。 そこで豊田通商グループでは、CSRについてサプライヤーと認識を共有し、CSRへの取り組みを協調して推進することで、互いの持続可能な成長を実現するために、「サプライチェーンCSR行動指針」を制定し、サプライヤーに遵守を求めています。 2012年度は、この「行動指針」について、国内グループ会社の担当者を通じ、サプライヤーへの展開を要請しました。また、グループ会社が閲覧できるイントラネットにガバナンス 生活産業本部が取り組むアパレル事業は、仕入先である縫製工場などのサプライチェーンで、強制労働・児童労働が行われるリスクがあり、顧客や社会からこうしたリスクを排除することが要請されています。豊田通商ではこれを重要なCSR課題と認識し、その対策を強化しています。 当本部が出資する縫製工場では新入社アパレル事業での強制労働・児童労働の排除徹底のため、サプライチェーンに対するマネジメントを強化しています。生活産業本部の取り組み員の採用にあたって、必ず身分証明書にて年齢の確認を行っています。また、新規仕入先と取引を始めるにあたっては、同様に従業員の年齢確認を義務づけることで、強制労働・児童労働の排除を行っています。 現在のところ、当社サプライチェーンにおいて強制・児童労働に関する問題は確認されていません。ベトナムの現地法人・TVVCでは、社長みずから工場を視察し、従業員(現場リーダー)へ指導しているベトナムの現地法人・TVVCのユニフォーム縫製ライン以下の項目の遵守をサプライヤーに要請しています(2012年4月1日制定)● 従業員の人権を尊重し、非人道的な扱いを行わない。● 従業員に対する強制労働・児童労働・不当な低賃金労働を防止する。● 従業員に対して安全、衛生的でかつ健康的な労働環境の提供に努める。● 雇用における差別を行わない。● 関係法令および国際的なルールを遵守し、公正な取引および腐敗防止を徹底する。● 商品やサービスの品質・安全性を確保する。● 地球環境の健全な維持に努める。● 上記に関する情報の適時・適切な開示を行う。豊田通商サプライチェーンCSR行動指針掲載し、浸透を図りました。 2013年度は、社内報や会議体等でのさらなる情報発信を行い、サプライチェーン全体でのCSRマネジメントをさらに強化・推進していく計画です。39

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です