豊田通商 CSR Report 2013
2/48

111948年の設立以来、豊田通商グループは、グローバルな視野で事業を展開し、「付加価値の創造」を基本として商品やサービスを提供してきました。現在では世界中のグループ会社が連携して製造、加工、リテール、サービスなど各地の状況やニーズに応じた事業を行っています。豊田通商グループは、世界中に持つネットワークと国際協業のノウハウ、また、トヨタグループの中で培った強みを十分に発揮し、柔軟な発想と的確な提案を行う新しい商社像を目指していきます。CSR Report 2013Contents会社概要/編集にあたってトップメッセージ豊田通商のCSRCSR活動マップ235791113フランス最大手商社CFAOとの協業15アフリカでNo.1のアライアンスを目指して事業活動と重要なCSR課題安全への取り組み環境への取り組み人事面の取り組みガバナンス社会貢献活動第三者意見事業拠点と主な経営指標1719243137414445地球環境きょうの世代未来の世代社会地域社会市民社会国際社会市場顧客株主取引先業界● 環境負荷の低減● 環境経営の推進● 持続的成長● 価値の創造・提供● オープンでフェアな  取引・競争● 政治・行政との適切な関係● 社会貢献活動の推進● 国際社会との協調● 人材の登用・  活性化● 働きやすい  職場環境の実現豊田通商のステークホルダーとCSR人社員家族市場環境人人社会社会Life & Communityインドで病院の経営に参画し医療サービスの質向上に貢献需要の高まりが予想されるリチウム資源の開発にアルゼンチンで着手市場市場次世代自動車(PHV、EV)を「日常の足」に―社会実験を重ねて市場創造に挑戦市場市場Mobility9

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です