豊田通商株式会社 CSRレポート2012
36/48

環境への取り組み 豊田通商では、環境保全活動の推進と、環境リスクの予防および発生したリスクの低減にグローバルに取り組むために、環境連結経営の共通ツールとして、環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の認証取得を国内外のグループ会社で推進しています。2011年度は、海外2社が新たに認証を取得し、2012年3月末現在の取得社数は、国内61社、海外155社となりました。 また、国内外のグループ会社で同一の環境マネジメントマニュアルを使用しています。マニュアルは、イントラネットに掲載して周知しているほか、「ISOセミナー」を通じても浸透を図っています。国内外のグループ会社でISO14001認証の取得を推進しています。環境マネジメントシステムの構築 環境マネジメントシステムの有効性や運用状況を検証するために、内部監査を実施しています。2011年度内部監査では、CO2削減計画や廃棄物排出量削減の進捗管理・目標達成状況、リスク管理・法令遵守体制、環境ビジネスへの取り組み状況に加え、過去の指摘事項の他部署への展開状況を、重点的に監査しました。豊田通商101部署とグループ会社57社を対象に内部監査を実施しましたが、いずれも大きな問題点はありませんでした。 また外部審査機関によるISO第三者監内部監査・第三者監査を実施し環境マネジメントシステムの運用状況を検証しました。内部監査・第三者監査東京本社を省エネ対応のビルに移転環境活動の年間スケジュール2011年4月5月6月7月8月9月10月11月12月2012年1月2月3月内部監査員セミナー環境月間ポスターを配布・掲示。省エネ活動に関するセミナーを実施地球環境連絡会環境管理統括者指示事項への対応を報告。異常・苦情・ヒヤリゼロを徹底指示ISOセミナークールビズ 室温を28度に設定。名古屋本社エレベーターで協力呼びかけ環境推進連絡会査(定期審査)を、2011年度は、豊田通商74部署とグループ会社46社を対象に実施しました。ここでも、環境マネジメントシステムが適切に運用されていることを確認いただきました。 また海外グループ会社10社に対し工場環境診断を実施し、環境診断により環境管理項目の強み、弱み、課題の見える化を行いました。内部監査・第三者監査実績(2011年度)豊田通商(単体)グループ会社内部監査第三者監査101部署74部署57社46社 環境マネジメントを推進する人材の養成を目的として、「ISOセミナー」を毎年開催しています。2011年度は、新任のISO役職者(正・副環境リーダー、ISO事務局等)向けのセミナーを開催。名古屋本社・東京本社・大阪支社で計195名が参加し、各役職者の役割、年間スケジュールなどについて研修を受けました。 また、国内グループ会社の内部監査員を対象に、外部講師を招いて「内部監査員セミナー」を実施し、2011年度は、グループ会社から18名が参加しました。2012年度以降も名古屋、東京の2ヵ所で実施し、グループの内部監査の水準向上を図っていきます。セミナーを通じて環境マネジメントの人材を育成しています。環境マネジメント人材の育成 豊田通商は、社団法人日本貿易会※の一員として、京都議定書の温室効果ガス削減目標を達成するために同団体が策定した自主行動計画に参加しています。当社の目標は、2008年度から2012年度までの平均年間エネルギー使用量を、約2,854トンと毎日のエネルギー使用量をイントラサイトで公開し節電意識の向上を図りました。オフィスにおけるCO2排出量削減地球温暖化の防止内部監査内部監査第三者監査第三者監査セミナー開催実績(2011年度)豊田通商(単体)グループ会社名古屋(2回)東京大阪計名古屋計54名5名29名1名53名8名46名17名ISOセミナー内部監査員セミナー195名18名35

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です