豊田通商株式会社 CSRレポート2011
40/48

社会貢献活動Society「人・社会・地球との共存共栄」を掲げた企業理念にもとづいて、教育(人)・環境(地球)・福祉(社会)の3つを重点テーマに活動を推進しています。 豊田通商は、公益社団法人「シャンティ国際ボランティア会」が実施している「絵本を届ける運動」に2007年から参加しています。この活動では、日本の絵本に現地語に翻訳した訳文シールを貼り、子どもたちに届けています。絵本を楽しみにしている子どもたちから喜ばれるのはもちろん、識字率の向上にも役立つ活動です。 2010年度は、447名の社員が参加。ミャンマーとカンボジアに、計601冊の絵本を寄贈しました。活動に参加した社員からは、「楽しみながら参加できた」「現地の子どもを思い、優しい気持ちになれた」などの声が聞かれました。アジアの子どもたちに絵本を届ける活動に参加しています。未来を担う子どもたちの成長を応援するとともに、社員も自らの「人を育てる心」を育んでいます。教育豊田通商は『良き企業市民』として『人・社会・地球との共存共栄』を目指し、グローバルな社会貢献活動を通して、『豊かな社会づくり』に貢献します。社会貢献活動基本方針豊田通商は企業理念に照らして、人(教育)・地球(環境)・社会(福祉)を重点テーマとして位置づけ、豊かな社会づくり実現に貢献しうるグルーバルな社会貢献活動に積極的に取り組みます。また具体的な活動においては『企業による・役職員による・事業活動による』3つのアプローチをバランスよく選択し、実質的で効果的な活動を推進します。さらに役職員一人ひとりの社会貢献活動を推進・支援するとともに、企業という単位でこそ取り組める自主的な活動を推進することで企業の社会的責任に応え、『豊かな社会づくり』の実現を目指します。活動方針子どものころに読んだ絵本が現地語に。参加者も懐かしい気持ちになりました絵本を読むミャンマー難民キャンプの子どもたち Ⓒ川畑嘉文東南アジアの子どもたちの笑顔を想像しながら、作業に取り組みました39

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です