豊田通商株式会社 CSRレポート2011
10/48

インドネシア金属本部金属資源部 部長山岸 直人 当社は、インドで、レアアースの生産工場の建設計画を進めています。インド政府(原子力庁)の傘下企業・IRE社が、漂砂鉱床から採掘している鉱石中には、モナザイトが含まれます。このモナザイト鉱石から原子燃料(ウラン・トリウム)を抽出すると、後に副産物として混合塩化希土が生産されます。 建設予定の工場は、これまで活用されていなかったこの混合塩化希土を原料に、ネオジウムやランタン、セリウムなどのレアアースを生産するものです。工場の運営主体は、当社のインド現地子会社TREI社※で、2011年7月に建設着工し、2012年4月には生産を開始できるよう準備を進めています。プロジェクトが順調に運べば、2012年から年間3,000~4,000トンのレアアースを生産できる見込みです。 日本とベトナムは、2010年10月の首脳会談で、レアアース鉱近年、ハイブリッド車のモーターや携帯電話のバッテリーなど、さまざまな先端産業分野でレアアースの需要が激増しています。このようなニーズに応えるために、豊田通商では、レアアース資源の安定確保を目指し、インド、ベトナム、インドネシアなど世界各地で調達先の開拓を進めています。また、その際には、現地の環境保全に最大限に配慮するとともに、各国の経済発展への貢献、人材育成、技術移管など、各地域とのWIN-WIN関係の構築に努めています。ウランやトリウムを抽出した際に発生する混合塩化希土からレアアースを生産レアアース鉱山開発から製造工場までのサプライチェーンを創出※ TREI社:Toyotsu Rare Earths India Private Ltd.レアアースを安定的に供給するために新たな調達先の開拓を推進さまざまな先端産業分野に不可欠の原材料であるレアアース──近年はその中国への依存度の高さが問題となっています。豊田通商は、インド、ベトナム、インドネシアなど世界各地でレアアースの採掘権を取得、精錬工場を建設し調達先の分散とユーザーへの安定供給を目指しています。各地域とのWIN-WIN関係の構築に努めています。豊田通商が取り扱うレアアースの種類・用途種類用途調達先セリウムランタンネオジウムディスプロシウムガラス消色/研磨剤排ガス浄化触媒UVカット光学レンズセラミックフェライト磁石Nd磁石コンデンサNd磁石超磁歪コンデンサ中国中国中国中国インドベトナム米国インドベトナム米国インドベトナム豪州インドネシア従来新規ウラン・トリウムモナザイト鉱山混合塩化希土インドベトナム精錬工場精錬レアアース鉱山レアアース鉱スズスズ鉱山スラグ精錬工場精錬インドベトナム精錬工場精錬9

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です